AutoCADから「Adobe PDF」が動かない

事務所の若手社員が「AutoCADからPDFに書き出せないんですよ」と苦情が寄せられた。
診てみると、これまで使っていたAutoCAD 2017まではちゃんとAdobe PDF プリンターを使ってPDF化できていたのだが、新しく入れたAutoCAD 2018になったら、「Adobe PDF プリンター」を指定すると、フッと消えてしまうのだという。

他の皆さんはそのような問題は起こっておらず、普通に使えている。

無題01

一般的に、AutoCADから図面をPDFにするには、印刷からプリンターを「Adobe PDF」に指定してやれば、簡単にPDF化することができる。ところが、彼の場合、ここから「プレビュー」をクリックすると、プレビューウィンドウが開くことなく、またこの画面に戻ってしまう。
そのまま、「OK」を押してPDF化しようとしても、この画面に戻ってしまい、PDF印刷することができない。

試しに、古いAutoCAD 2017で同じ図面、同じ作業をやってみると、「Adobe PDF」からPDF化することができる。
何が問題なんだ?

Auto CAD 2018の修復や、Acrobatの修復をしてみたが、改善はされなかった。

無題02

印刷ウィンドウの「Adobe PDF」のプロパティを開き・・・

無題03

「ポート」タブを開き、「ファイルへ出力」を選択する。

無題04

「変更を次のファイルに保存」します。

無題05

これで、新しいプリンター「Adobe PDF .pc3」を選択し、これまでどおり、プレビュー&印刷することができます。

これで普通に使えるようになったのだが、何が悪かったのだろうか?
わからん・・・

Mastering AutoCAD 2018 and AutoCAD LT 2018
George Omura Brian C. Benton
Sybex

スポンサーサイト

ESET「新しいネットワークが検出されました」 iPhone USB

01_20170408095845d92.png
Mac(OS10.12 Sierra)にiPhone 6s(iOS10.3)をUSB接続すると、こんな表示が出るようになってしまった。

ESET CYBER SECURITY PRO
新しいネットワークが検出されました
インターフェイス:iPhone USB
DHCP応答の待機:


なんじゃこりゃ? と思ってGoogleってみてもそれらしい情報はヒットしない。

ネットでは、ESETのウィンドウでiPhoneの記憶にチェックを入れてやれば良いとの情報も見られたが、DHCPを探しているだけのカウントダウンが表示され、「キャンセル」ボタンしかないのだ。
毎回、iPhoneを接続するたびに表示されるのは鬱陶しい。




まず、ESETの「詳細設定」ウィンドウを開く。

023_201704081008539d0.png

「ネットワーク」を開き

024_201704081020426bb.png

「ゾーン」タブを開いて、左下の「追加」ボタンを押す。

026.png

「追加」メニューが開いたら、
「アクティベーター」を 「インターフェース
「インターフェイス」を 「iPhone USB
に変更し、名前を付けて 「追加」する。

027.png

「OK」ボタンを押してやれば・・・

028.png

ファイヤーウォールに、iPhone USBが追加されます。

029.png

これで、iPhoneを接続しても、鬱陶しいウィンドウが表示されることはなくなります。

ユニクロのCMにPicasso登場

ユニクロのTVCM「くるぶし出して、行きましょう。」にクサラピカソが登場する。



「なんだか急に、今っぽい。」08.png

クサラピカソは、今、一番、お洒落ってことなんだろうな。(笑)

Picassoが一番カッコ良く見えるアングルだからね。

DSC_0078.jpg

「マルチボリュームセットの最後のディスクを挿入してください。」

USBメモリがいきなり逝ってしまったので、新しいUSBメモリを卸した。
フォーマットして、Windows機に挿してみると・・・
無題77

圧縮(zip型式)フォルダ
マルチボリュームセットの最後のディスクを挿入してください。
続けるには、[OK]をクリックしてください。


なんじゃこりゃ・・・
分割圧縮ファイルは入っていないし・・・どういうことなんだろうか?

Googleってみると、Macの不可視ファイルが原因だった。
zip圧縮ファイルをMacからUSBメモリにコピーすると、同じ名前の不可視ファイルが出来る場合があるが、これが原因だった。
このzipの不可視ファイルを削除すると、このアラートが出なくなった。

そういうことなのね。

年度を越えて

年度末に「起動できない」とのことで緊急入院して来た知人のPC。
ようやく、マザーボードの交換という大手術を経て、起動できるようになった。
で、最初に立ち上がった画面を見て驚いた。

IMG_1089.jpg

「なんじゃこりゃ!」
パソコンが壊れて、こんな画面を表示しているのかと思ったら、これが彼の正常だった。
Dドライブとか、ドキュメントフォルダとか、一切使わないで、すべてのデータがデスクトップにあるという荒技。
しかも、この壁紙は目がチカチカして文字も判読しづらい。

これでデータがどこにあるのか分かるのだろうか?
しかも、「自動整列」になっているので、メールの添付ファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップした途端に、すべてのアイコンがずれていく。
そのためか、私が最初に表示させてあげていた「PC(マイコンピュータ)」「ネットワーク」「ユーザーフォルダ」「ごみ箱」などもアイコンの列に紛れて、どこにあるのかさえも見つけ出せない。

これで仕事しているというのだからオドロキだ。(笑)




その後、彼の事務所に行ってみると、27inchのモニター4台がこのような状態だった。

IMG_1110_20170412091442ea4.jpg


彼曰く
「27inchのモニター、狭いんだよね。今度32inchのモニターに交換しようと思うんだ。」

ううん・・・ どんなに広いモニターにしても、同じだと思うけどね。

さらに、たばこの煙が充満しているほこりっぽい部屋で、故障しないPCなんてないですから・・・

AutoCADデータをGoggleEarthに表示させる

少し前までは、Autodesk社と、Googleは良い関係にあって、AutoCAD上でGoogleマップを取り込んだり、GoogleEarthから地形を取り込むなどの相互関係が成立していた。



非常に簡単な「GoogleEarth Extension」というプラグインがAutodesk Labs で無料配布されていて、それをAutoCADに入れるだけで相互入出力ができたのだ。

オートデスク、土木用3次元CADにGoogle Earthとの連携機能提供

特に、土木設計に特化した「AutoCAD Civil 3D」はシームレスに連携が取れて大変便利だった。



ところが、2013年版からはそういった機能が削除され、Googleとの連携は図れなくなってしまった。

AutoCAD Civil 3D で Google Earth との連携機能が利用できない

この原因として考えられるのが、Last Softwareが開発した3Dモデリングソフト「SketchUp」をGoogle社が買収し、現在のTrimbleに引き渡されたのが2012年だったという経過がある。
このSketchUpがGoogleEarthとの連携を強化するために、Autodesk社との関係を断ち切ったというのが真相のようだ。

しかし・・・
何とか、AutoCADから、GoogleEarthに3Dモデルを引き渡す方法はないものだろうか?



AutoCAD → SketchUp Pro → GoogleEarth



という受け渡しで考えてみる。

無題00

まず、AutoCADで基本となる3Dデータを組み立てる。

無題01

AutoCADではサーフェスモデルを作ることも可能だが、基本的に土木の構造図を3Dに組み立てるだけなので、ワイヤーフレームモデルで十分だと判断する。

無題02

さらに、必要な複数の堰堤や道路などの構造物を配置して一枚の図面にしておく。

無題03

高さ(標高)は等高線から読み取って配置しておき、最終的には、地形レイヤーは非表示にしておく。
縮尺は1/1。
m単位で、標高もmでZ値として入力しておく。

無題04

次に、SketchUp Proを起動し、先ほどのAutoCADデータをインポート(読み込み)する。
AutoCADデータ(DWG)をダイレクトに取り込むことが可能となっている。

WS000001_20170330113709368.jpg

WS000000_20170330113349cff.jpg

無題05

表示されたら、今度は、3Dモデルとして、エクスポートさせる。

WS000002_20170330113917d73.jpg

無題06

この時にファイル形式を「COLLADAファイル(*.dea)」にして保存すると、3Dモデルのまま表示することができる。

無題07

もうひとつの、「Google Earth ファイル(*.kmz)」でエクスポートすると、GoogleEarth上の地形表面に貼り付けられたように表示される。
谷を越える橋梁のモデルなどは、kmzだと、谷に落ち込んだような形で表示されてしまう。

無題08

GoogleEarth Proは、高解像度の写真を取り出すことが可能で、2015年から無償提供されるようになった。
これと同時に、利用規約の見直しが行われ、それまで禁止されていた商用利用についても一部条件づきで可能となった。
最近、ニュースなどのTV番組でGoggleEarthを用いた説明をしていることが良くみられるようになったのも、こうした変更が効いているものかと推察される。

朗報だがリスクも! グーグルアース・プロが無料化

GoogleEarthを開いたら、左側のお気に入りから「開く」を行い、先ほどの*.deaファイルを読み込む。

WS000004_20170330115913ee9.jpg

WS000005_20170330120012eea.jpg

すると、GoggleEarthの画面に、先ほどの計画が重なって表示される。

無題09

浮いているのは、そのままの標高で表示させると、切土部分が地面の中に隠れて、表示されないため、少しかさ上げして表示している。

無題10

計画の場所に計画堰堤が表示され、谷の方向と照らし合わせて視覚的に確認することが可能となる。

WS000006_20170330131307ec5.jpg

データのプロパティを開き、
読み込んだデータに座標値があればそのまま表示されるが、怪しい時は、国土地理院のマップで付近地の座標を入手する。

無題20

無題15


無題12

データが地面にめり込んでしまっている場合は、標高地を上げて表示させる。

無題14

「COLLADAファイル(*.dea)」ならこのように構造物の形状を確認することができるし・・・


無題13

「Google Earth ファイル(*.kmz)」なら、地面の凹凸にに沿った形で位置を示してくれる。
(区域線などの表示に適している)

これらは単に眺めるだけでなく、右上のボタンから、「画像の保存」をすることもできる。

無題16

画像のオプションで最高「4800×2523pixel」の高解像度の画層を保存することも可能だ。

無題17

画像は大きいのでこのままでは掲載できないが、左下に小さくGoogleのロゴが表示されるだけなので、ありがたい。

0022.jpg

パース片蓋川堰堤0329

様々なプレゼン資料に使用することが期待できる。

「Edge は Firefox よりも安全」通知を黙らせる

Windows 10で仕事をしていると、うるさい通知が表示されることにイラっとされる。
ネットで検索をかけようと、FireFoxを開くと・・・

「Microsoft Edge は Firefox よりも安全
ソーシャル エンジニアリング型マルウェアのブロック率が21%上昇します。詳細をご確認ください。」


無題11

えぇっい! うるさい!
Microsoftの広告バナーなんか表示させるな!

「Apple Macintosh は MicroSoft Windows よりも安全
使用中の快適率が21%上昇します。詳細をご確認ください。」



そこで、【Edgeは高速・安全】ウザい「Windowsのヒントやおすすめ情報」の通知を止める方法

スタートメニューから「PC設定」を開くと「Windowsの設定」が開くので(これもおかしな仕様だが) 「システム」を開き、「通知とアクション」タブを開いて、「通知」項目の中の「Windowsを使用するためのヒントやおすすめの方法を取得」を「オフ」にする。

無題12

これでうるさい通知は表示されなくなる。


「森友学園」算数問題

便乗記事なので、それなりに読み取ってほしいのだけれど・・・

45_2017030109430555a.jpg

【問題】
(1) 面積が8,770m2の土地があります。この土地の60%の区域を深さ10m*まで掘削し、発生土の47.1%を30m×30mの区域*に仮置きした場合の盛土の高さを求めなさい。
ただし、土工に伴う土の変化率は加味しないとする。


*地下埋設物処理費用8億1,900万円算出根拠深(国交省大阪航空局)
*現状仮置き場推定寸法

【答】
60%の区域の掘削量
V=8,770×0.6×10.0×0.471
 =24,784 m3
これを30m×30mの土地に盛るのだから・・・
H=24,784÷30÷30
 =27.5 m 
(ただし、盛土斜面勾配を1割(45度)取ろうとすると、高さ15mで6,750m3がMaxとなってしまう)

ということで、「仮置」すると、垂直に盛ることができたとしても、高さ27.5mにもなってしまう。
TVの取材映像を見る限り、高いところでも5mくらいしかないように見えるのだが・・・

C5pFyIGVUAAb8DJ.jpg

算数ができない学園なんだろうか?

「地下に仮置」というのは、こういうことを言う↓
598369f6-s.jpg

森友学園(大阪市淀川区)と大阪・豊中の国有地 情報集約:よどきかく

なんちゃら学園問題に反応してみる:廃棄物管理の実務

C5bteFdUsAEnxC5-large.jpg

まぁ、説明は二転三転していてどれが正解か分からないのだが、仮に10mも掘らなかったとして、学園が言うように、深さ3.8mまで掘削を行ったとするならば、土地購入前の2015年末までには、深さ3.0mまで中道組が地中障害物撤去工事・土壌改良工事を実施しているのだから、学園の行なう産廃除去工事は、3.0〜3.8mの0.8m分の掘削土量となる。

単純計算で
V=8,770×0.6×0.8×0.471
 =1,983 m3
ということになる。
これを算出根拠にある4,000台のダンプカーで運搬しようとすると、1台当たり0.5m3以下。
約80cm四角の運搬土という計算だ。

面白すぎる・・・・

「森友学園」の壺算

9_20170227202905f9c.jpg

大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より大幅に安く取得した問題。
これって、落語の「壺算」そのものではないの?

9億円する土地を、ゴミの処分費8億円を自分が負担するから、1億円で購入した、って言う計算。
おかしいでしょ。
9億円は土地代。
ゴミ処理費が8億円するのなら、9+8で、17億円払わなくてはいけない。
17億円のうち、自分でゴミ処理するから、8億円引いて、9億円で売って。
というのなら壷屋の親父も理解できる。

落語にも劣るような話だ。

日米首脳会議で何話す?

abe-trump-meeting-trump-tower.jpeg

話題に事欠かない、アメリカのトランプ大統領。
日本の安倍総理も今夜訪米し、早速の首脳会談を行う。
世界中の反感をかっているトランプ大統領に、同名重視の安倍首相は何を話す?

政治的な書き込みを行わない、このブログだが(笑)何を言い出すか分からないトランプ大統領とどう話すのが良いのか、教えてさしあげよう。

まず、側近を含め、周りの意見を聞こうとしない大統領に、数値データを用いた説明をしてもダメなのだ。
「日本では輸入車の関税は0.0%です」とか「在日米軍の駐留費の74.5%を負担している」とか言っても、80年代のイメージでしか考えていない大統領は聞く耳を持っていないのだ。

そこで、安倍総理はこう言えば良いのだ。

「分かりました。 アメリカの日本車にかける関税は2.5%ですが、日本がアメリカ車にかける関税をそれよりずっと下げて、0.5%にします。」

「分かりました。 韓国の米軍駐留費の40%を負担しているようですので、日本はその上を行って45%の負担をするようにいたします。」

どうせ、資料なんか見もしない大統領なんだから、「壺算」で良い条件を引き出したつもりにならせてやるのがベストなんだ。

麻生副総理辺りがこう言えば良い。

「TOYOTAが現在オハイオ工場で8,000人のリストラを計画しているようだ。 トランプ大統領の意向を汲んで、その8,000人のリストラを取り止めさせるようにしましょう。 そうすれば、今日、新たに8,000人の雇用を確保することができたことになります。」

まさに、壺算の駆け引きだ。(笑)
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud