スクリーンショット

00_20171002162000e77.png

Macの画面をキャプチャする、つまり、スクリーンショットを取る場合、簡単なショートカットがある。

Mac でスクリーンショットを撮る方法

画面全体のスクリーンショットを撮る方法
「shift + command (⌘) + 3」キーを押します。

画面の選択した部分のスクリーンショットを撮る方法

1.「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
スクリーンショットの撮影範囲の始点となる位置に十字ポインタを移動し、そのままドラッグして範囲を選択します。
2.「shift」キー、「option」キー、またはスペースバーを押しながらドラッグすると、範囲の選択方法が変わります。
3.目的の範囲が選択されたら、マウスまたはトラックパッドのボタンを放します。取り消すには、ボタンを放す前に「escape (esc)」キーを押します。

ウインドウのスクリーンショットを撮る方法

1.「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
2.スペースバーを押します。ポインタの形がカメラに変わります。
3.カメラポインタを目的のウインドウに移動して、そのウインドウをハイライトします。
4.マウスまたはトラックパッドをクリックします。取り消すには、クリックする前に「escape (esc)」キーを押します。



このやり方でウィンドウのスクリーンショットを取ってみると、Macの場合、すべてのウィンドウやメニューが別々の階層として表示されているのが分かる。

ウィンドウの重なりに表示されるドロップシャドウや半透明のメニューは、アルファチャンネルとして保存され、決して重なったウィンドウまでキャプチャされることはない。


ところが、同じことをWindowsでやってみると驚かされる。

ウィンドウのスクリーンショット

スクリーンショットを取りたいウィンドウを最上面にアクティブな状態に置き、「Ait」+「PrintScreen」キーを押す
ペイントなどを開いて、ペーストした後、「トリミング」を押す



無題

見て分かるように、単独のウィンドウが撮れているのではなく、裏側が透けて見えてしまっているし、四隅の切りかけ部分は下の画像が見えている。
これはアナログなモニター映像を切り取ったにすぎない。

Macの場合、キャプチャを撮りたいウィンドウは必ずしも最上面にアクティブな状態にしておく必要はなく、背面に非アクティブな状態であっても、そのまま単独なウィンドウのスクリーンショットを撮ることも可能となっている。

スポンサーサイト

iMac「ディスクの不正な取り出し」問題

新しいiMacに移行して、2ヶ月。
その間に、大きな仕事もこなしてくれて、5KのRetinaディスプレイの恩恵にも浴して来たのだけれど、ちと気になったことが・・・

014_201709230550500ec.png

席を離れて、しばらくして戻ってみると、このような「通知」の山が。

ディスクの不正な取り出し
”HDD名”の取り出し操作をしてから接続解除/電源切。



外付けHDDを3つつないでいるのだが、不正な取り出しを行ったこともない。

01_20170923055519b19.png

なんじゃこりゃ。
と調べて見ると、ありました。

02_201709230556016f2.png

システム環境設定の「省エネルギー」から
可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを外しておかなければならないらしい。

この問題は以前から指摘されていたのだけれど、私の使っていた旧iMacではそのような通知はでることはなかった。
同じ組み合わせで新iMacにつないでいたのだが、原因がはっきりしない。

興味深いのは、3つのHDDのうち、Thunderboltでつないでいる「Lamborghini」だけは不正な取り出しのエラーが出ていないと言う点だ。
してみると、USB接続の問題なのか?

一応、エラーの通知は出なくなったが、原因の究明には至っていない。


Transcend Thunderbolt対応 USB3.0/2.0 ポータブルHDD StoreJet for Mac 2TB 3年保証 TS2TSJM300
トランセンド・ジャパン (2014-11-11)
売り上げランキング: 8,737

Word2016起動時に「非表示モジュールLINK内でコンパイルエラー

77_2017090310540304d.jpg

Word2016起動時に「非表示モジュールLINK内でコンパイルエラー:どんぶらこDESIGN

78_20170903105739074.png

新しい、iMacにインストールしたOffice2016のWordを起動する時にこんなアラートが・・・

非表示モジュール Link 内でコンパイルエラー発生しました。



この消し方は、

/ユーザー/Library/Group Containers/UBF8T346G9.Office/ユーザーコンテンツ/Startup/Word/linkCreation.dotm
を削除する



79.png

これでようやくアラートが出なくなった。

iMac Retina 5K, 27-inch, 2017 の拡張性

IMG_1373.jpg

先日購入した、iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) なのだが、やはり外付けの拡張性で苦労していた。

11_201708251506582ff.png

USBは、USB3.0になったのは良いのだが、 Thunderbolt 3は、USB-Cと同じポートになったため、今まで使っていたThunderbolt 1のHDDとつなげなくなってしまった。
しかも、サブモニターをThunderbolt 1(mini Display)ポートを介して拡張していたのだが、これも使えなくなってしまった。

そこで、変換ケーブルをあれこれ探してみるのだが、いろんな注意事項に突き当たる。

まず、サブモニターをつなぐのは、意外に簡単だった。

iMac(Thunderbolt3) --- 変換ケーブル ---  サブモニター(DisplayPort )

Plugable USB 3.1 Type C (USB-C) - DisplayPort 変換ケーブル

Thunderbolt3からの変換ケーブルには、HDMIへの変換もあるのだが、HDMIには様々な規格(バージョン)が混在しており、上手くマッチしなければ「失敗」となってしまう危険性もあるため、DisplayPortのほうを選択した。

618.jpg

ここで注意したいのは、Apple純正の「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を購入しても、miniDisplayポートとして外部モニターを映し出すことはできないということだ。
MMEL2.jpeg

「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」でDisplayPort出力はできないっぽい:シンスペース

正確には、AppleのThunderbolt Displayなら表示させることができるけど、それ以外のディスプレイは駄目だよと。

ま、とりあえず、このPlugable USB 3.1 Type C (USB-C) - DisplayPort 変換ケーブルでサブモニターを接続。

次に、Thunderbolt 1でつないでいた外付けHDD。
これを、Thunderbolt 3から変換して接続したい。
で、先ほどの、Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタを購入して、Thunderbolt 3 → Thunderbolt 1 へと接続させる。

IMG_1376.jpg

ここで気をつけなければいけないのは、この変換ケーブルが高いからと言って、お手頃な変換ケーブルに手を出すと、40Gbps仕様ではなく、20Gbps仕様であるので注意が必要だ。
ただし、20Gbpsというのは、Thunderbolt 2 の速度なので、Thunderbolt 1の10Gbpsよりも倍も速い数値なのだが、後々外付けを買い換えたりする際に、足かせとなってしまわないように、気をつけたい。

12_201708251605143fc.png

AKiTiO T3T
akitio-t3t-angle.jpg

このAKiTiO T3Tの変換コネクタもよさげだと思ったのだが、iMacの背後に差し込むと、このケーブルが短いので、宙ぶらりんの状態で接続されることになり、正面から見てもどうも気になって仕方ない(だろう)


もうひとつ、USBポートなどといっしょにSDカードスロットも背面に移動してしまったので、カメラからの写真の取り込みに苦労しそうだ。
そこで、こんなものを購入してみた。

IMG_1372_20170825154322136.jpg

Alcey 2スロットカードリーダーコンボ搭載バス電源供給 USB 3.0 3ポートプレミアム アルミニウムハブ

USB3.0のポートが斜めに3つついていて、なおかつ、その端にはSDカードリーダーがある。
アルミの筐体で机の上にあっても邪魔にならない。

メモリー増設

14_20170820171525c79.png

iMacのセットアップが終わって、直後に仕事の依頼がやってきた。
危ない、あぶない。
滑り込みだった。

メモリーを増設した直後だった。

ちなみに、これ↓は、2015年モデルのiMac。



15.png

これで、ひとまず、仕事にも使えるようになった。


iMacへの移行完了

1111.jpg

iMac Retina 5K 27 Mid 2017がキター!:どんぶらこDESIGN

7月のあたまに、新しいiMacが到着して、それから1ヶ月。
いったい何をやっていたのか?
移行に難航して、今日、ようやく机の上の「代替わり」が行われた。

何にそんなに手こずったのか?
それは、iPhotoのデータ整理だった。

名称未設定78

歴代のMacの写真をそれぞれの場所にライブラリを作っていたため、初期化してしまう前に、データベースの移行を行わなければならなかった。
3万枚以上の、200GB以上の、写真やムービー。
それらを外付けのHDDに集めていかなければいけない。
しかも、「ゴソ」っとコピペしてしまうと、撮影日時や撮影場所などのデータが無茶苦茶になってしまう。
地道に、ひとつひとつのフォルダを移設しなければいけない。

そして、ようやく、夕べ、旧iMacを初期化するところまで行った。

Mac を売却または譲渡する前に:Apple

1.バックアップを作成する
2.iTunes からサインアウトする
3.iCloud からサインアウトする
4.iMessage からサインアウトする
5.macOS を消去して再インストールする



これらをひとつでも怠ると、とんでもないことになってしまう。

で、ようやく、新しい、iMac。

一応、TimeMachineから復元するのではなく、ゼロから手動でセットアップしなおして、まっさらな状態のMacを手に入れた。

iCloudのおかげで、とりあえずのブックマークやキーチェーンなどもそのまま移行できたのだが、細かなアプリなどは見落としがあったりもする。
しかし、旧iMacはすでにフォーマットされてしまっている。

そこで、TimeMachineのお出ましだ。

通常は、異なるMacなので、そのまま連続してバックアップを重ねることはできない。
そこで、TimeMachineのHDDをつないで、新しいiMacから必要なファイルやデータを取り戻す方法。

名称未設定01

ダッシュボードのTimeMachineを右クリックし「ほかのTimeMachineディスクをブラウズ…」を選択。

46_20170805151644efb.png

TimeMachineのドライブを選択する。

名称未設定011

すると、ほら。 
旧iMacのバックアップを遡ることが可能で、必要なファイルを復元することも可能だ。
便利だね・・・

わらしべ長者? 古本をMacBookAirに代える!

IMG_1298.jpg

先日、古い本を処分した話の、その後・・・

終活?:どんぶらこDESIGN

古い本の買取りサービスは、ネットで調べればいくらでもあるのだが、たいてい「思ったより安く叩かれた」というマイナス評価ばかりが目に付く。
いったい読みもしない古本をいくらで購入してくれると考えていたんだ?
自分でごみの日に出すよりは、腰を痛めないですむくらいに考えておかないと落胆するのがオチだ。

結局私が選んだのは、駿河屋だった。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

ネットの評判だと、「段ボールを自分で用意しないといけないので面倒」 「査定が遅い」 「査定が安い」 など良いことはない。
しかし、常連さんの評価はまずまずなので、それなりに利用価値はあるようだ。
第一、査定が付かなかったものを「無料で処分」してくれるのもありがたい。

そこで、JAの資材センターに行って段ボールのりんご箱(10kg)をたくさん購入して来た。
一箱120円くらいなので、ホームセンターよりも安いし、しっかりとした強度を持っているのでありがたい。

で、16箱を、ゆうパックの集荷サービスで取りに来てもらったのだが、そのうちの6箱が30kg以上の重量ということで、集荷拒否。
仕方ないので、6箱を11箱の小箱に分けて第二便で出荷した。

33_20170715094037c16.png

駿河屋さんでは、「あんしん買取」と「かんたん買取」の2つのコースがあるのだが、見積をお願いすると、時間がかかるようなので、「どうせ売るのだから」 「かんたん買取」をお願いした。

7月3日、7月4日と2便に分けて発送
途中、身分証明の免許画像の有効期限が切れていたので、新しい免許画像の送り直しという一手間が加わったが、
7月8日、7月12日と査定金額のお知らせが届いた。

67_20170715095101b66.png
68_20170715095124b8a.png

商品505件  金額:\22,445
商品476件  金額:\11,825


合計で、981冊  34,270円

一冊あたりに換算すると、35円/冊
ということになり、まぁ、それなりの査定金額と言える。
だって、中には、ブックオフで購入した100円のコミックや、横溝正史の文庫本まで大量に含まれていて、割り返してこの金額なら御の字と言える。

で、このお金を、次なる投資に!(わらしべ物語)
MacBook Airを手に入れるぞ!

私の仕事柄、モバイルにそれほど必要性はないのだが、余所の事務所へ出かけて仕事をしていると、自分のメールチェックくらいはしておきたいのだが、娘が大学に入学する時に買った、白い「MacBook」もSSDに換装しているものの、OSのUpdateもできないままで、Dockには未だに「iChat」が並んでいる。(使えないが) そのため、いつもの「iMessage」との交信ができないので、非常に閉口する。
iPhoneがあるから良いじゃん、と言われるかもしれないけれど、CADデータやいろんなファイルが添付されたメールが届くので、iPhoneやiPadでは使えないのだ。

で、ヤフオクで、MacBook Airをゲットした。\(^O^)/

63.png
69.png

このMacBook Air 13inch は、Mid 2011だが、比較的綺麗で程度も良い。

IMG_1312.jpg

IMG_1314.jpg

Retinaディスプレイではないけれど、最新のmacOS Sierraまで動く。

で、ジャンク扱いで、安くなった「難アリ」の原因は・・・

IMG_1315.jpg

キーボードの左下にある「CapsLock」のキートップがないことだ。
押せば機能するのだが、いかんせんカッコ悪い。

で、もうひとつ。
ヤフオクで、MacBook Airのトップケースを1000円で落札した。

IMG_1316.jpg

これで、「CapsLock」のキートップを付け替えてやればいい。

IMG_1323.jpg

ちゃんとあかりも点灯するし、機能もちゃんと使えてる。


iMac Retina 5K 27 Mid 2017がキター!

IMG_1308.jpg

私のiMac(Mid 2011)だいぶ老朽化して来て、性能的にイマイチとなって来たので、思い切って新しいiMacを購入した。
通販業者ではなく、AppleStoreからカスタマイズして Core i7モデルだ。
メモリーは追加増設するようしにて、今は素の8GBしか刺さっていない。

TimeMachineや移行アシスタントを使えば簡単にセットアップできるのだが、今のiMacの不具合を特定できないでいるので、イチからセットアップしなおすつもりでいる。
少々面倒だが、なんとか良好な環境を取り戻すぞ!

でも、新しいiMacを起動すると、iCloudを通して、メールやSafariの設定が反映されるので、それほどではないかもしれない。
ただし、仕事に滞りがあってはならないので、注意深くすすめたいところ。

うまく出来るかな?

ところで、やっぱり、Retinaディスプレイ(5K)は美しいな。

細かな文字のフォントデザインまで見分けられる。

277.png

Wordのライブラリ文書を旧iMacで開いたところ。
それなりに明朝体のデザインが判別することができる。

27K.png

同じ文書を新iMacで開いたところ。
その違いは歴然。

無題82

ちなみに、こちらが同じWord文書をWindows10で開いたもの。
ともに、Word上で表示のサイズを100%としているキャプチャだが、見た目のサイズは、Macが半分ほどのサイズだ。
同じ表示サイズにすれば、もっと詳細な表示になるだろう。

272.png

こちらが旧iMacで開いたYahoo!のTOPページ

5KK.png

そしてこちらが、新iMacで開いたYahoo!のTOPページ

無題84

こちらが、Windows10でのYahoo!ページ。(FireFox MacType OFF)


Yahoo!メール「アカウント名またはパスワードを確認できません」Mac

y01.png

今までちゃんと受信できていたYahoo!メールが、突然受信できなくなってしまった。

アカウント名またはパスワードを確認できません。


経過はこうだ。
iPhoneでヤフオクの確認しようとYahoo!アカウントにログインしようとした時に、パスワードが通らなかったので、iPhone上でパスワードを変更した。
その後、Macでメールを開くと、Yahoo!メールのパスワードを求められる。
ここまでは良くあることなので(?)先ほど変更したパスワードを入力するのだが、それが通らない。
「確認できません」 ってどゆこと?

パスワードが間違っているのかと思って、Macからヤフオクにログインし直してみる。
やっぱり、iPhoneで変更したパスワードは間違っていないことがわかる。

それならなぜ、Mail.appでYahoo!メールが受信できなくなってしまったのか?

いろいろと調べて見ると、同じような症状に悩んでいる報告が多数見つかった。

で、その多くが、解決策が見つかっていないことが弱るのだが。

しばらく放置しておいたら治りました。



そんな・・・
私も半日ほど放置しておいたのだが、改善はしなかった。

Yahoo!メールのページから右側の「設定」>「メールの設定」を開く

Y04.png

左側の「POP/IMAPアクセスとメール転送」を開いて、POPサービスがONになっていることを確認。
「設定情報」を開いて、設定内容を確認します。

Y05.png

Y06.png

ちゃんとできているのに!
というか、今までできていたのに!
で、いよいよ問題解決に乗り出すぞ!

まず、Mail.appの環境設定からYahoo!のアカウントを削除し、再度、Yahoo!メールのアカウントを作り直します。
先ほどの「設定情報」に沿って「メールアカンとの追加」します。

Y02.png

ところが、ここでもアカウント名またはパスワードを確認できません。」というアラートが出てしまう。

Y03.png

しかも、「確認できません。」の状態では「保存」もできないため、「キャンセル」しかない。

Mail.appの「メールの接続診断」を開くと、確かにYahoo!メールのSMTPもPOPサーバーもログインできていないことが明らかだ。

Y07.png

どうしようもないな・・・と思ってあちこち設定を変えていると・・・
なんと、通ったではないか!

Y08.png

設定変更をした項目は・・・

ユーザー名 : アカウント名に
アカウントの種類 : IMAP → POP
送信用メールサーバ : smtp.mail.yahoo.co.jp → apple.smtp.mail.yahoo.co.jp

程度だろうか。
でも、なぜ受信メールサーバーが POPではなく、IMAPになっていたのだろうか?

原因は分からないまま、しばらく放置しておいたら、また使えるようになったとさ。

WindowsからMacにアクセスできません。(LAN内)

昨日まで普通にアクセスできていたのに、今日、突然・・・

無題01

ネットワークエラー
¥¥IMAC27 にアクセスできません
名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。ネットワークの問題を識別して解決するには[診断]をクリックします。


Windows機からiMacにアクセスできないのだ。
メイン機もサブ機もふたつとも同じ症状だ。
こりゃ、Mac側の問題だな・・・と。
特に何か変更した項目が思い当たらないので、勝手に動いているものと言えば・・・「ESET」が怪しい。

055.png

ファイヤーウォールを無効にする


と、どうだろう。
今までと同じようにアクセスすることが可能となった。

ただし、このままだとファイヤーウォールが機能しないままなので、手動で許可を作ることにする。

71_20170615125209acc.png

まず、ESETのファイヤーウォールを「有効」に戻す。

72.png

「設定」から「詳細設定を表示する」をクリック。

73.png

「ネットワーク」を開く。

74_20170615125516af0.png

ファイヤーウォールの、フィルタリングモードを「対話モード」に変更する。

75_20170615125724b8d.png

すると、ブラウザやメーラーなどの「外向き」のトラフィックが許可を求めるメッセージが表示されるので、とりあえず「アクションを記憶する(ルールを作成する)」にして、「許可」する。
いろいろ出ますが、最初だけなので、とりあえずアクションを記憶させておきます。

76_2017061513013088f.png

一段落したら、Windows機のほうから、Macを覗いてみます。
すると今度は「内向きのトラフィック」が許可を求めてきますので、「アクションを記憶する(ルールを作成する)」にして、「許可」する。
すると、Windows機から、Mac内にアクセスできるようになります。

割と多くのメッセージが出るようになって鬱陶しいですが、これでネットワークも快適になります。
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud