FC2ブログ

原発停止ドミノ

原発

冗談では済まないかもしれない。
ワイドショーなどでも取り上げているので、多くの人に知れ渡った事実なのだが、この夏は日本全国で電力不足に陥ってしまうかもしれない。

定期検査後の再開に壁… 「国は説明不足」、原発停止ドミノに高まる懸念

つまるところ、この夏前までに日本中で42基の原子力発電所が停止する。
地震、トラブル、定期検査などの理由で停止する。
日本全体で56基ある原発のうち、3/4に当たる42基だ。
ところが、再始動には所在地の知事の認証が必要となる。
この時期に「原発OK」と言ってくれる知事はいないだろうから、事実上「停止」したままになってしまう。
42基と言うとたくさんあるように思えるが、原発のある都道府県は限られている。

原発01

福井県 14基(関西電力・日本原子力発電)
福島県 10基(東京電力)
新潟県  7基(東京電力)
佐賀県  4基(九州電力)
北海道  3基(北海道電力)
宮城県  3基(東北電力)
静岡県  3基(中部電力)
愛媛県  3基(四国電力)
石川県  2基(北陸電力)
島根県  2基(中国電力)
鹿児島県 2基(九州電力)
青森県  1基(東北電力・東京電力)
茨城県  1基(日本原子力発電)

福島県知事はもちろんのこと、福井県知事も「再始動に同意しない」と表明した。

福井県知事、美浜原発1号機などの運転再開に難色示す

各知事の見解は以下のとおり。

NHK「かぶん」ブログ 原発立地県知事 国は説明不足

つまり、一旦停止するとどこの知事も「再始動OK」とは言ってくれない雰囲気になっているということ。
しかも、原子力発電所は電気事業法第54条の規程に基づき定期検査を13ヶ月以内に行わなければならないことになっている。
つまり、1年に一度は止めなければならないという決まりになっているというのだ。
そして、誰も一旦止めた原発を「再開OK」と言ってくれない状況にある。
夏までに42基が止まり、すべての原発があと10ヶ月以内に停止するというのだ。


原発02

原発の発電量の割合はおおよそ1/3となっている。
それらがすべて停止したら?

今年の夏は乗り越えたとしても、このまま国内の産業が墜落してしまうのか?
スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud