FC2ブログ

"パクリ新幹線”?

 産経などのマスコミがさかんに中国高速鉄道のことを”パクリ新幹線”と揶揄している。
まぁ、日本から技術提供した新幹線E2系(はやて)を基にCRH2型を生産するのは契約どおりだとしても、その走行速度を設計値以上に(勝手に)引き上げてしまうのでは川崎重工でも「責任もてない」と言うしかないよね。
 さらにその契約というのが”中国式”で、生産する権利を購入するのではなく、その技術まで買い上げるという身勝手なもの。そこで川崎重工は2011年に引退するE2系1000番台新幹線電車を提供し、さらに一世代前の(車体が二重構造になっていない)旧式車体構体を提供した。これは当初の設計速度の条件には十分なものだったと想像する。
しかし、試験走行で中国側は設計速度を無視して車速を上げたため(?)車体の変形が生じた。そこで中国側は川崎重工の設計図とは異なる”改良”を行うことになる。これが中国側の言う”独自技術”となる訳だ。

王曙光の中国産業論(4)盗用説の真偽・中国の高速鉄道と新幹線技術|サーチナ

さらに、このCRH2型を改造した”CRH2C型”(末尾のCはChinaとも)が登場し、CRH2型をライセンス生産していた青島四方機車車輛がこの車体をベースに”CRH380A”を派生車として製造する。こうなると中国側は「これは新幹線とはまったく別物」と言い始める。まぁ、そう考えたくなる気持ちも分からなくもない。元来”新幹線”という独自の技術はないもので、長年培ってきた技術もとうに特許は失効しているものが多い。新しい車体にはまだまだ新しい特許技術はあるらしいけれど・・・

しかし、中国側は肝心なことを忘れている。
王曙光の中国産業論(5)独自技術は中国の高速鉄道に存在するのか|サーチナ

 海外技術をベースに鉄道の高速化を成功させた中国は、高速鉄道開発の後発国である。にもかかわらず、鉄道部関係者の言動には、基本技術の元となる海外高速鉄道技術の開発者への敬意が欠けている。まるで中国の古代四大発明を語るかのように国産高速列車の知財帰属を主張する、その高揚感溢れる顔に、技術供与の受入国としてあるべき謙虚さが見えてこない。



日本のマスコミも実は同罪だと思う。”パクリ新幹線”と批難する人の多くが”鉄道マニア”ではないことが多い。鉄道マニアなら中国高速鉄道と新幹線がいかに違う物かきちんと理解できているはずだから。分からない(私のような)素人が騒いでいるだけのように思える。その証拠にWikipediaで”新幹線E2系電車”を見てもらえれば型式による車内のロールカーテンの取っ手の形状の違いまで説明されている。違う物だから勝手に特許申請しても許される・・・というものでもない。

中国高速鉄道の特許申請への対策-中国人に対する壁をなくす|サーチナ
まさに”中国以外の国では堂々と経済的に戦えばいいと思います”
中国、ブラジルの高速鉄道プロジェクトへの入札を見送り|サーチナ

英高速鉄道の車両更新事業 日立製作所が受注できた理由|J-CASTニュース
三菱重工がマカオLRT受注:480億円、ゆりかもめ型APM[運輸]

国際社会の中できちんとアピールできれば”中国の論理”は通用しないからね。

北京・上海高速鉄道の南京南駅、大雨で駅構内が雨もり・地盤沈下

「中国は国際法規と国際貿易ルールに基づいて、喜んで日本に新幹線の技術を提供したい」
7月10日、12日、13日、14日と連続して故障した「京滬高速鉄路」について
10日は架線が風で揺れた
12日はパンタグラフ
13日は出力喪失
「14日も出力喪失」
日本の新幹線でも故障はよくあること



中国が世界に知られたくない不都合な真実中国が世界に知られたくない不都合な真実
(2010/12/21)
坂東 忠信

商品詳細を見る

スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud