FC2ブログ

今が買い時?

私がこのタイミングでiMac27”を購入したのには意味がある。
imac.jpg
LionがプリインストールされたMacが並び始めているが、まだ現行モデルではSnow Leopardがインストールされたモデルも販売されている。例え、Lionがプリインストールされていても、ロジックボードがSnow Leopardに対応しているうちはSnow Leopardで起動することができる。
逆に言うと、ロジックボードがLion用になってしまうと、いくら外付けHDDにSnow Leopardがあっても起動することができなくなってしまうのだ。
「新しいOSでいいじゃん」
と言われるかも知れないが、LionとSnow Leopardの差は大きい。Lionでは完全にPowerPCのサポートを打ち切ってしまったために、PowerPC用のアプリが動かないのだ。Snow LeopardまではIntel用のアプリに加え、RosettaがPowerPC用のアプリを動かしてくれていた。これがまったく動かない・・・
旧いシステムに固執するつもりはないけれど、使えないアプリが残されるのはツライ・・・

01_20110808145111.jpg

今流通しているMacならまだ間に合う!

そんなんで、Lionの悪いところばかり書いてきたけれど、今秋iCloudがリリースされると、これまでのMacの環境がガラっと変わってしまう。「クラウドサービスなんか新しくもないよ」と言うなかれ。Appleがこれまで「iDisc」「dot Mac」「me」と培ってきたクラウドサービスの集大成がこの「iCloud」なのだ。

404 Blog Not Found:MacBook Air をまた買ってしまった理由

Googleなどが行っているレンタルスペースを”Cloud”と言うなかれ。今回のようなHDDやシステムのトラブルが起こっても、iCloudは完全に修復してくれる(?)のだという。

アップル - OS X Lionの復元機能 - Lionの復元機能、登場。

ハードドライブが正しく機能しなくなった時や、OS Xが入っていないハードドライブをインストールしていた場合など、Macの問題が少し複雑になったら、インターネット復元機能が自動的に引き継ぎます。この機能はブロードバンドインターネット接続を利用し、AppleのサーバからLionの復元機能を直接ダウンロードして起動します。だからあなたのMacは、まったく同じLionの復元機能にオンラインでアクセスできる、というわけです。


それにはどうしてもLionが必要になる。Lionのインストール時に作られるリカバリーパーティションがすべてを救ってくれる(ハズ)
32.jpg
それまではひたすらTimeMachineにお願いするしかない・・・。(笑)

ちなみに、Safari5.0.5もドラッグ&ドロップしておきました。
33.jpg

Apple iMac 27Apple iMac 27
(2010/07/28)
アップル

商品詳細を見る



Apple iMac 2.7GHz 21.5インチ thunderboltポート搭載 MC812J/AApple iMac 2.7GHz 21.5インチ thunderboltポート搭載 MC812J/A
(2011/05/04)
アップル

商品詳細を見る
スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud