FC2ブログ

MacBookProからプロジェクター

今朝、娘からメールが来てた。
「新しく購入したMacBookPro(Late 2011)でプレゼンしたいのだけれど、口がない!」
そうか、Thunderboltのことを教えてなかったな。

mbp.jpg

説明するのにちょっとやっかいだったので、返答ついでに備忘録としてここに、MacBookProから外部モニターやプロジェクターへの外部出力のやり方をメモしておく。

display_20111014.jpg

新しいMacBookProは出力ポートが「Thunderbolt」ポートしかなくなってしまった。
Thunderboltはあらゆる接続が可能となる高速ポートなのだが、いかんせん接続できる製品が少なすぎるのが現状。
外部モニターやプロジェクターも接続できるのだが、一般に使われているプロジェクターなどは旧い「mini D-Sub15ピン」(「アナログRGB D-Sub15ピン」)がまだまだ使われているので、これに変換してやらないといけない。

01mini_dsub15-box-l.jpg




「Thunderbolt」ポートは形状が「mini display port」といっしょで互換があるので、その変換アダプタを使う。
APPLE MINI Display port-VGAアダプタ
MB572_AV1.jpeg

これはApple純正でいささか高いのだが、どうもあちこちにあるサードパーティ製のMINI Display port-VGAアダプタだと、スリープ後に表示できなくなるとか、時間が(10分)経過すると表示できなくなるなどの不具合が報告されているようだ。

気をつけないといけないのは、こちらの「Apple Mac MINI DISPLAYPORT TO VGA 端子変換アダプター」はAppleと書いてあるけれど、Apple製ではないこと。
さらに、「APPLE MINI Display port-VGAアダプタ」と、「Apple Mini DVI-VGA アダプタ」は別物なのでお間違えなきように。

このアダプタは単に変換するだけのものなので、別途D-sub15ピン(ミニ)ケーブルが必要になる。
「メス←→メス」
のケーブルだ。
DSUB.jpg

Macの場合、単に外部モニターやプロジェクターを接続するとデスクトップが拡張されるだけなので、MacBookProのデスクトップをそのまま見せたいときには、システム環境設定の「ディスプレイ」「調整」から「ディスプレイをミラーリング」にチェックを入れる。
スクリーンショット 2012-02-24 8.56.52

D-sub15ピンの場合はアナログなので、解像度に上限があるけれど、壁に映すくらいなら気にならないだろう。
どうしても高解像度の映像を映し出したい場合には、D-sub15ピンの口ではなく、「DisplayPort」の入力ができるモニターやプロジェクターを使うのが手っ取り早い。

miniDisplayPort ←→ DisplayPort変換

いかがかな?


Apple Apple Mini DisplayPort-VGAアダプタ MB572Z/AApple Apple Mini DisplayPort-VGAアダプタ MB572Z/A
()
アップル

商品詳細を見る
スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud