FC2ブログ

「このアプリケーションで開く」のメニューを整理する

0018.jpg

Macで画像編集などするときに、ファイルを右クリックすると表示される「コンテクストメニュー」の中にある「このアプリケーションで開く」から開きたいアプリケーションを指定してやると簡単にアプリから開くことができる。
しかし、実際にはその下にある「ゴミ箱に入れる」を指定したいだけなのに、この「このアプリケーションで開く」のところでカーソルが停まってしまい、レインボーサークルが回り始める。
眠っていた外付けHDDたちが一斉に回り始め、利用可能なアプリケーションを探し始めてしまう。
この時間がかなりイライラさせられる。
そして表示されるメニューがこちら。

01_20120802144534.jpg

Photoshop 6.0を選択したいのに、5.1を選択してしまった時の落胆はかなり大きい。
こんなにたくさんのメニューを表示させないように、整理できないものだろうか?
あれこれ探してみたが、これがかなり面倒らしい。

じゃぁ、旧いバージョンのアプリケーションをアンインストールすれば良いじゃないの。と思うかも知れないが、外付けHDDには旧いOSが入っていて、そのOSに合ったバージョンのアプリがインストールされているのだ。だから、アンインストールすることはできない。




Windowsのように、拡張子だけで開くアプリケーションを管理しているだけだったら候補を簡単に整理できるのだが、Macの場合、「拡張子」だけでなく、「クリエータコード」や「タイプコード」によって開くアプリを制御しています。
「クリエータコード」とは、そのファイルを作成したアプリケーションを記したコード。
例えば、同じJpeg画像でも、Photoshopで書き出したものか、Illustratorで描き出したものかはここに書かれています。そのため、同じ「.jpg」拡張子が付いていてもダブルクリックすると起動するアプリケーションが異なるのです。
せっかくIllustratorでaiデータを画像に変換したのに、ダブルクリックしたらIllustratorが起動してしまう、なんて失敗もよくあります。(笑)
しかし、Snow Leopard以降この「クリエータ コード」は無視されるようになりました。

「タイプコード」は書類の種類を記したコード。
同じ「名称未設定」という拡張子のないファイル名をデスクトップ上に並べることができるのは、「Excel」「Word」「Photoshop」「PDF」などファイルの種類を分別して保存しているからです。そのため、拡張子がなくてもそれぞれのアプリケーションで開くことができる訳です。

さらに、最近のMac OS Xでは、拡張子でも書類の種別、アプリケーションの管理も行っていますから、一層ややこしくなって来たと。




単純に「デフォルトで開くアプリケーション」を指定してやるだけなら、「Optionキー」を押しながら右クリックすれば、「常にこのアプリケーションで開く」が指定できるので、簡単な話なのだが、JPEG画像は単純に「プレビュー」で開いて確認したい。さらに編集したい時だけPhotoshopで開きたいだけなのだ。

そこで見つけたのがこのやり方。

Macの「このアプリケーションで開く」を整理しよう。:LIFELOG(仮)

「このアプリケーションで開く」の内容をまとめて管理するツールはない。

そのため、ひとつひとつのアプリケーションの設定を書き換えて、コンテクストメニューに出てこないようにするというやり方だ。

003_20120802153355.jpg

例えば、外付けHDDの中にある旧いPhotoshop 5.1のアイコンを右クリックして、「パッケージの内容を表示」させる。
「Contents」フォルダ内に「Info.plist」というファイルがあるので、それをダブルクリック。

00189.jpg

「Document Types」の中の「Jpeg」を削除



アプリによってその記述は違うのですが、多くの場合「Document Types」の中に「Jpeg」の記述があります。
その行を選択し、思い切って「Delete」します。
それを上書き保存し、ウィンドウを閉じます。

これをこまめにメニューに現れたアプリを開いては「Document Types」の中の「Jpeg」の行を削除して行きます。
削除がひととおり終わったら、ターミナルを起動します。

ターミナルでおまじない



/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/A/Support/lsregister -kill -r -domain local -domain system -domain user



0019.jpg

少々時間がかかることもありますが、次の表示が出るまで気長に待ちます。
私の場合、その後再起動が必要でしたが。

0020_20120802160330.jpg

こんなカンジで、コンテクストメニューの候補が少なくなり、カーソルが引っかかる時間も少なくなりました。

ただし・・・
これで設定を変えると、メニューに出てこない代わりに、Dockにドラッグ&ドロップで開くこともできなくなります。
Dockに並ぶアプリケーションのアイコンに、ファイルを重ねても開くことができないのです。
ただし、開けない訳ではなく、メニューから「開く」ことも、ウィンドウにドラッグ&ドロップして開くことも可能。

すごく面倒なやり方なのだけれど、もう少しなんとかならないものだろうか?


Mac Fan Special 完全理解! OS X Mountain Lion (マイナビムック)Mac Fan Special 完全理解! OS X Mountain Lion (マイナビムック)
(2012/08/08)
Mac Fan編集部ほか

商品詳細を見る

スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud