FC2ブログ

「SpamSieve」でSPAMをブロックする

71.jpg

MacのMail.appにも「迷惑メール」のフィルターは備わっているものの、いまひとつの能力しかないため、多くのSPAMメールに悩まされている人も多いことだろう。
私もそのひとりなのだが、片っ端から「ルール」を作成して強制退去してもらっていたのだが、いささかイタチごっこだったりもして、イライラさせられていた。

そんな中、SPAMフィルターのオススメアプリ「SpamSieve」を試してみることにした。

SpamSieve

2,480円の有償なのだが、1月15日までは特別価格1,860円で提供されている。
さらに、30日間使用可能な試用版もダウンロードすることができる。

SpamSieveは100%に近い成功率で受信される迷惑メールをブロックできます。ほかの迷惑メールを防ぐソフトと違って、SpamSieveはメールの中身を分析して、ベイジアンフィルタ(Bayesian filter)を使って迷惑メールを検知します。いままで非常に防ぎにくかった送信者のアドレスを他のアドレス(受信者のアドレスなど)を装う方法を使う迷惑メールもブロックできます。一週間ぐらい使えば、ほとんど全部の迷惑メールがストップされます。SpamSieveは常に学んでいますので長く使えば使うほど制度が高くなってきます。SpamSieveをMacintoshで使って、iPhoneとiPadの迷惑メールもブロックできます。



でもって、Mailの設定なのだが、完全日本語化されているとはいえ、ちと説明不足でわかりにくい。

SpamSieveユーザガイド

で、ストレートに、「Mail.appでSpamSieveの使い方」を説明します。




1.「SpamSieve」をここからダウンロードします。
 購入でも、試用版でも構いません。

2. SpamSieveを起動してApple Mail用のプラグインをインストールします。

3. Mail.appを終了する

4. SpamSieveメニューから[Mailプラグインをインストール]を選択。

78_20121226202748.jpg

5. Mailを起動する

6. Mailに[メールボックス]メニューから[新規メールボックス…] を選択し、[このMAC内]に[Spam]という名前の新しいメールボックスを作成。
注意: 大文字小文字の区別は重要。受信箱の名前をSPAMやspamとしない。

54_2014082514341796a.jpg

7. [Mail]メニューの[環境設定...]を選択し、ツールバーの[ルール]ボタンをクリックします。[ルールを追加]ボタンをクリック。
 説明欄を「SpamSieve」に変更します。

注意: ルールの説明は必ず SpamSieveにする。

65_20121226203640.jpg

8. ルールの条件は何でも良いのですが、「すべてのメールが『Spam』フォルダに移動」するような指定をします。
 「すべての」 「宛先」に「SPAM」(ありえない単語)「を含まない
メッセージを移動」>「Spam」に指定して、「OK
【追記】
ありえない単語に「SPAM」を設定していたら、プロバイダサービスで、怪しいメールに「*****SPAM***** 」と表示してくれるようになっていた。そのため、「SpamSieve」のフィルタが有効にならず、振り分けができなくなってしまった。そこでありえない単語を「SxPxAxM」にすることに変更した。

注意: ルールは一見すべてのメッセージをSpamメールボックスに移動させてしまうように見えるかもしれませんが、SpamSieveのプラグインをインストールしているので、スパムメールのみが移動されます。

9. [OK]をクリックしてルールを閉じます。
 ルールを適用するかの確認メッセージが表示された場合、[適用しない] をクリック。(これが大切)

79_20121226205033.jpg

10. リストにスパムメールの処理に関する他のルールがないことを確認する。
 ある場合は、チェックボックスをオフにするか削除する。

11. [迷惑メール]メールボックス内のメールをすべて削除します。スパムメールはゴミ箱メールボックスに移動されます。
 (迷惑メールメールボックスがない場合は、この手順は不要です。)

注意: スパムメールを削除する前に、ごみ箱を空にすることをお勧めします。
   ごみ箱に移動したスパムメールと混ざるのを防ぐことができます。

12. Apple Mailの[環境設定]ウィンドウ内の[迷惑メール]タブを選択し、[迷惑メールフィルタを有効にする]チェックボックスをオフにします。
  オフにすると、Mailの迷惑メールメールボックスが隠れ、SpamSieveの動作を妨げないよう不要メールフィルタ機能を無効にします。

72_20121226210049.jpg

13. 次に「事前トレーニングの実施」セクションに移動します。

14. Mailで1つ以上のスパムメールを選択し、[メッセージ]メニューの[SpamSieve - スパムとしてトレーニング]を選択します。
  メッセージは灰色にハイライトされ、Spamメールボックスに移動されます。

15. スパムではないメールを選択し、[メッセージ]メニューの[SpamSieve - 正常としてトレーニング]を選択します。

16. SpamSieveは新着メールを受信すると、自動的に処理を行います。
  万が一混じっているスパムメールをふるい分けるには,[メッセージ]メニューの[ルールを適用]を選択します。
  スパムメールだとSpamSieveが判断したメールはSpamメールボックスに移動されます。

14_20121226210843.jpg

とりあえず、チャレンジです。
スポンサーサイト



プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud