「不明なファイル」アイコンに戻す

Windowsの場合、まだまだ「拡張子」によってファイルを識別しているため、開くアプリやアイコンが簡単に変わってしまう。
つまり、拡張子ごとに開くアプリを指定しているだけなので、それを指定し直せばアイコンも変わる。
コントロールパネル > プログラム > 規定のプログラム > 関連付けを設定する
WS000008.jpg

この「拡張子の関連付け」を行っていないファイルは、「不明なファイル」としてアイコン表示され、ダブルクリックしても開くことができない状態になる。
↓こちらはXPの「不明なファイル」アイコン Windows7では「白紙」アイコンになる。
000_20130331151312.jpg

ところが、Windows7では、一旦拡張子の関連付けを行ってしまうと、以前の「不明なファイル」に戻すことができなくなってしまうのだ。何か間違った関連付けをしてしまうと、その間違ったアプリのアイコンが表示され続け、ダブルクリックした場合に、その間違ったアプリが起動し「開けません」と宣うのだ。
どうせ、開けないものなら、「不明なファイル」のアイコンとして表示していてほしいものだと思う。

なかなか「デフォルトのアプリ」の指定を削除できないのがWindows7の悲しいところ。
そこで、その「不明なファイル」アイコンに戻すやり方・・・

ダミーのアプリに関連付けをした後で、そのアプリを削除してしまう。





【例題】
WS000000_20130331152239.jpg
この「.P21」という拡張子のついたファイル。(国土交通省の電子納品のファイル形式)現在は「SXFブラウザ」に関連づけられているため、「SXFブラウザ」のアイコンになっている。

これを「不明なファイル」に戻すという試み・・・

先ず、ダミーのアプリをインストールします。
関連付けが容易なように、今回はフリーの「Dynamic Draw」をDLしてインストールします。
インストールが終わったら、(どれでも)「P21」のファイルを右クリックして、「プログラムから開く」します。
61.jpg
WS000002_20130331154113.jpg

すると、「推奨されたプログラム」にアイコンの元となるアプリ(ここではSXFブラウザ)が表示されているはずです。
「参照」ボタンをクリックし、先ほどインストールしたダミーのアプリ(ここではDynamic Draw)を指定します。
WS000003_20130331154417.jpg
WS000004.jpg

すると、「P21」のファイルのアイコンが「Dynamic Draw」のアイコンに変わっています。

WS000005.jpg

これを確認した上で、「コントロールパネル」の「アプリケーションの削除」からダミーのアプリ(ここではDynamic Draw)を削除します。

WS000006.jpg

すると・・・「P21」のアイコンは「不明なファイル」として表示されます。
(Windows7の場合は「白紙アイコン」ですが、XPの場合は「不明なファイル」のアイコンになります)

WS000007.jpg

もちろん、別のアプリに関連付けを行えばそのアイコンに変更されます。
「不明なファイル」に戻すのはちと面倒ですが、必要ならばどうぞ。


ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス!ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス!
(2012/10/25)
橋本 和則、橋本 直美 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud