iMac Retina 5K, 27-inch, 2017 の拡張性

IMG_1373.jpg

先日購入した、iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) なのだが、やはり外付けの拡張性で苦労していた。

11_201708251506582ff.png

USBは、USB3.0になったのは良いのだが、 Thunderbolt 3は、USB-Cと同じポートになったため、今まで使っていたThunderbolt 1のHDDとつなげなくなってしまった。
しかも、サブモニターをThunderbolt 1(mini Display)ポートを介して拡張していたのだが、これも使えなくなってしまった。

そこで、変換ケーブルをあれこれ探してみるのだが、いろんな注意事項に突き当たる。

まず、サブモニターをつなぐのは、意外に簡単だった。

iMac(Thunderbolt3) --- 変換ケーブル ---  サブモニター(DisplayPort )

Plugable USB 3.1 Type C (USB-C) - DisplayPort 変換ケーブル

Thunderbolt3からの変換ケーブルには、HDMIへの変換もあるのだが、HDMIには様々な規格(バージョン)が混在しており、上手くマッチしなければ「失敗」となってしまう危険性もあるため、DisplayPortのほうを選択した。

618.jpg

ここで注意したいのは、Apple純正の「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を購入しても、miniDisplayポートとして外部モニターを映し出すことはできないということだ。
MMEL2.jpeg

「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」でDisplayPort出力はできないっぽい:シンスペース

正確には、AppleのThunderbolt Displayなら表示させることができるけど、それ以外のディスプレイは駄目だよと。

ま、とりあえず、このPlugable USB 3.1 Type C (USB-C) - DisplayPort 変換ケーブルでサブモニターを接続。

次に、Thunderbolt 1でつないでいた外付けHDD。
これを、Thunderbolt 3から変換して接続したい。
で、先ほどの、Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタを購入して、Thunderbolt 3 → Thunderbolt 1 へと接続させる。

IMG_1376.jpg

ここで気をつけなければいけないのは、この変換ケーブルが高いからと言って、お手頃な変換ケーブルに手を出すと、40Gbps仕様ではなく、20Gbps仕様であるので注意が必要だ。
ただし、20Gbpsというのは、Thunderbolt 2 の速度なので、Thunderbolt 1の10Gbpsよりも倍も速い数値なのだが、後々外付けを買い換えたりする際に、足かせとなってしまわないように、気をつけたい。

12_201708251605143fc.png

AKiTiO T3T
akitio-t3t-angle.jpg

このAKiTiO T3Tの変換コネクタもよさげだと思ったのだが、iMacの背後に差し込むと、このケーブルが短いので、宙ぶらりんの状態で接続されることになり、正面から見てもどうも気になって仕方ない(だろう)


もうひとつ、USBポートなどといっしょにSDカードスロットも背面に移動してしまったので、カメラからの写真の取り込みに苦労しそうだ。
そこで、こんなものを購入してみた。

IMG_1372_20170825154322136.jpg

Alcey 2スロットカードリーダーコンボ搭載バス電源供給 USB 3.0 3ポートプレミアム アルミニウムハブ

USB3.0のポートが斜めに3つついていて、なおかつ、その端にはSDカードリーダーがある。
アルミの筐体で机の上にあっても邪魔にならない。

スポンサーサイト
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud