FC2ブログ

”Siri”をMacに導入(声だけ)

iPhone4Sで採用された音声「Siri」(発話解析・認識インターフェース)が評判だけれど、彼女をMacに導入!



と、思いきや、当たり前だが、iOSの”Siri”を単純にMacには移行できるはずもない。なかなか問屋が卸さない。(笑)

そこそこ導入部は完璧だった。
”Siri”の声はMacOSに入っている”Kyoko”さんの声と同じなのだ。
「小泉今日子」さんか「音無響子」さんだね♡

「システム環境設定」の「音声入力と読み上げ」を開きます。
0015_20120806181404.jpg

「テキスト読み上げ」タブの「システムの声」を「カスタマイズ」から「日本語」「Kyoko」に設定します。
(ダウンロードが始まり、「Kyoko」が設定されます)
0016.jpg

WebやMailのテキストを選択し、右クリック「スピーチ」「読み上げを開始」すると、Kyokoさんが流暢な日本語でテキストを読み上げてくれます。
その声、(独特な)イントネーションは、まさに”Siri”のその声!

0118.jpg

じゃぁ、このKyokoさんに、頼み事をお願いすることはできないのでしょうか?
同じく「システム環境設定」の「アクセシビリティ」の「Speakable Items」をONにしてやれば、あらかじめ決められたコマンドを音声制御することが可能です。
ただし・・・
とても流暢なEnglishをネイティブに喋ることができないと、「Pardon?」となってしまいます。
0117.jpg

そこで、ネイティブな日本人である私は、音声によるコマンドを諦めて、単純に、KyokoさんにSiri合いになってもらいます。

単純に、先ほどの「テキストの読み上げ」の「通知オプションを設定」で「通知が表示されたときに知らせる」を設定します。
新着メールが届いた時や、リマインダーなどの通知に設定された項目で、Kyokoさんが声で知らせてくれるというものです。しゃべる内容は日本語で設定できます。
0119.jpg

「Kyoko」さんに優しく警告してもらう方法:Macの手書き説明書

それ以外にも一定間隔で時間を音声で知らせてくれます。

Kyokoさんに「OS X」を「オーエステン」と発音させる:新・OS X ハッキング!

でもやっぱり、こちらの要望に応えてくれてこそ、”Siri”じゃないか。
クリックすると、その動きに合わせて音声で応えてほしいものだ・・・ということで。

Siriがなんだ! いまこそKyokoさんの魅力を再認識:新・OS X ハッキング!

つまり、「ターミナル」に以下のように入力するだけで良い。

date +%H"時"%M"分です" | say


するとkyokoさんが「17時53分です♡」などと答えてくれる。

これを、「Automater」を使ってアプリに置き換える。
0112.jpg
そんなに難しくはない。
「Automater」で「アプリケーション」を選択し、「シェルスクリプトを実行」を選択し、コマンドに上のコマンドをコピペするだけで良い。

0115.jpg

これを保存し、Dock上に入れておく。
0044_20120806213044.jpg

このアイコンをクリックするだけで、
「○時○○分です」
とKyokoさんが現在の時間を教えてくれる。
コマンドさえ抑えれば、Siri同様(の声で)応えてくれるのだが・・・

それって、Siriとは違うよね。(笑)


よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書【iOS 5&Xcode 4.2対応版】
(2012/02/23)
森巧尚

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud