ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た。

004_20121229181315.jpg

最愛の父を失った悲しみから逃れられない少年オスカーは、 父が遺した一本の鍵にメッセージが込められていると信じ、ニューヨーク中の鍵穴を探す旅に出る── 大切な人を失った悲しみ──誰にでもいつか必ず訪れるそのことに、人はあまりにも無防備だ。



最近のNHK朝の連続ドラマ「純と愛」やら、史上最低の視聴率を樹立した大河ドラマ「平清盛」が面白くないのはともに脚本がダメなためだが、どうも最近のドラマや邦画は「判り易い模倣」を平気で行っているらしい。
何かに似せることにより、視聴者の理解力が不足していても「判りやすさ」を優先しているようだ。
ネットの評判によると、大河「平清盛」は「ONE-PIECE」や「ドラゴンボール」の世界観をそのままパクっているらしい。「平家物語」だと思って観た人は腰を抜かすような内容だったらしい。

加藤浩次、海賊王になる! 台本を見たときは笑ってしまった!

個人的に「ONE-PIECE」の世界観は好きになれないのだが、漫画を見慣れた読者には、大声で叫んでくれないと、その内容が理解できないらしい。最近の映画もドラマも「しゃべりすぎ」の脚本が鼻につく。画面見ていれば判る内容を「副音声」よろしく主人公が口に出してしゃべるような脚本ばかりなのだ。

で、この『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、脚本が上手いと思った。
アスペルガーの少年が、その繊細なアンテナに傷つきながら、父の残した鍵の秘密を求めて物語が進む。
どこぞの「アスペルガー探偵」の仲居のドラマよりはずっと繊細に描かれていた。
台詞は多くを語らず、ついには言葉を失った”間借り人”と探し歩く。
ドア越しの母親とのやりとりも、日本の脚本家だと何か言わしてしまうところなのに、充分に心を通わせていた。
ラストはなるほど、というところに落ち着くのだが、とってつけたような演出も、どんでん返しもなく、物語は終わる。

”たいくつな物語”と評する声もあるようだけれど、私はそうは思わない。
「隠された謎解き」だと思って観ると、退屈なのだろうけれど、そこに主眼はおかれていない。
傷つきやすい少年の心と、9.11に訪れた”家族の心”こそが物語の主題なのだ。
私はずっと魅入ってしまった。
良い映画だった。






【追記】

映画のタイトル『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』って、何のことだろうと思って検索してみた。
(考えないで検索できてしまうのは悪い癖だよね)
原作小説の“EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE”をストレートに和訳している訳だけれど、私も最初”母親”のことを指しているのかと思っていたけれど、そうではないらしい。

詳しくはこの人の解説↓を読むと判る。

ジョナサン・サフラン・フォアの小説「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のタイトルの意味について。映画との比較


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/06/16)
トム・ハンクス、サンドラ・ブロック 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

確かに

まぁ、面白いと思った人もいたわけだから、最終回でも9.5%の人たちが観ていたわけで。
と、言いながら「ONE-PIECE」は長いこと多くの人に支持されてきた訳だけれど、私自身は個人的に面白くない作品だ、と言っているだけのことです。
あくまで、個人的なブログですから、ご理解ください。

ふーん

この映画は見てないから知らないけど、『平清盛』は、ものすげえ面白かった。
こんな興奮したドラマは久しぶり。

ま、私のような熱心なファンもいるんだよ、とそれだけ表明したかっただけさ。
どうも趣味が合わないよね、あたいとどんぶらこくん。(ならコメントすなって)
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud