回る「餃子の王将」

img_1161197_34746129_0.jpeg

全然知らなかったのだが、「餃子の王将」で行われている換気ダクトの風力発電がネット上で盛り上がっているらしい。

換気風で風力発電?:大槻義彦のページ

 もちろんこのような装置は理論的に可能で設計次第で有効なエネルギー利用となるでしょう。注意すべきことはこれで永久機関に似たものは作れないと言うことです。
つまり『元の排気扇で使用したエネルギーを超える風力発電はない』ということです。



文系の私でもこのような結論は理解できる。
ではどのような論争になっていたのだろうか?

01_02_01a.jpg

否定派の論理はダクト発電を「永久機関」と短絡的に捉えて早とちりしてしまったことによるものだ。
排気風力発電 Wiki*

原理の考察

「風車で発電すれば、その分の負荷は必ず上流の送風元にかかる」という類の説を唱える人は、風車の特性を誤解しています。
恐らく、シリンダー内の気体をピストンで押して力を伝達するようなイメージで捉えているために、そう誤解してしまうのでしょう。


「風車回せるぐらいならファンの出力落とせ」は本末転倒
換気のために一定風量の気流は必要ですが、排気口から出た後も外で勢いよく吹いたままではエネルギーをムダに垂れ流しているわけで、そこでエネルギーを回収するのは合理的と言えます。


20120411142614_illustration.jpg

実際にも以下の排気風力発電の実例は存在します。

高起動性と高効率を両立するバタフライ風車の研究:鳥取大学

工場の排気で風力発電 デンソーの安城製作所

工場排気で風力発電,テクノ菱和が開発

実験結果
鳥取大学の原豊准教授(風車工学・流体工学)が行なった、排気風力発電の実験とその結果
ダクトからの流体(運動)エネルギーの回収に関する参考実験と一考察

風車のない場合と比べ、風車を設置すると排気口における風速はわずかに低下し、これによるエネルギー損失は0.06Wです。
一方、風車の発電量は0.226Wであり、損失との差し引きでもプラスとなり、排気の持つエネルギーを回収できていることがわかります。



こんなに盛り上がっていたとは!


風力発電+ソーラー電池+バッテリー+インバーターシステムAC100V600W/AD-600-85(kiryu)風力発電+ソーラー電池+バッテリー+インバーターシステムAC100V600W/AD-600-85(kiryu)
()
DIGIMAX社

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud