FC2ブログ

故事ことわざ「草加のバッティングセンターのごとし」

落語に登場するご隠居さんは物知りで、どんなことでも即座に答えてくれる。
子供の頃はそんな「ものしり」「博学」に憧れ、尊敬もしていた。
物事のうんちくや、雑学、はたまた旧いテレビ番組の詳細な記憶、旧いクルマの情報などを覚えていることはすごいことだった。
siri_gallery_1.jpg
でも、今の時代、インターネットが発達して、スマートフォンに問いかけるだけで、Wikipediaの情報を教えてくれるようになると、そんな「雑学の知識」はまったく価値のないものになってしまった。(T-T)

そんな中で伊集院の「痒いところに手が届かないもどかしさ」を吐露していた。

草加のバッティングセンターのごとし:伊集院光 深夜の馬鹿力

草加にあるバッティングセンターで、ゲージ2個作るくらいの広さのところに無理矢理儲けようとして4個も詰め込んだために、ゲージが狭くなり誰も利用しないから2個作ったのより儲けることができなくなってしまった。


この意味を表す、四字熟語、ことわざがあったはずだと伊集院は頭を悩ますのだが、その言葉が出てこない。

ものを書く仕事をしている人だとよくあることではないだろうか。
タレントの名前が出てこないのは単なるボケだが、当てはまる故事が思い浮かばないのは相当イライラする。

結局

「帯に短し襷に長し」ではないと結論づけ、リスナーに答えを求めた。
当日の放送では結論は出なかったが、個人的にピックアップしてみると・・・

・二兎を追う者は一兎をも得ず
・策士策に溺れる
・骨折り損のくたびれ儲け
・過ぎたるは及ばざるが如し
・虻蜂取らず


あたりだろうか?

ところで、こうした「出てこないことば」を探し出す手段はどうするのが手っ取り早いのだろうか?
今回試したのが「逆引き辞書」だ。

ことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語を意味・内容から調べる逆引き一覧

00_20130516102447.jpg

当てはまりそうな「項目」から故事ことわざを辿っていく。
ここで見つけたことばをさらに、類語辞典で同じような意味合い、近い意味合いの言葉をさがす。

weblio類語辞典
11_20130516103412.jpg

この類語辞典はコツが必要で、検索バーのキーワードは短めの単語(例えば「無駄」とか)を入れ、「と一致する」を選択して検索する。さらにそこから奥へ辿っていく。
行き詰まったらまたもとへ戻って「損」を入力して今度は「を説明文に含む」などを検索する。
これらを複合的に組み合わせて近いことばを導き出していく。

今は、情報を記憶していることよりも、必要な情報にいかにたどり着けるかという能力の方が評価されるのかもしれない。


新解さんの謎 (文春文庫)新解さんの謎 (文春文庫)
(1999/04)
赤瀬川 原平

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud