FC2ブログ

リニア飯田駅のアイデア

リニア着工「来年度早期」 JR計画 国交省が報告:信濃毎日新聞

 国土交通省は23日、自民党の超電導リニア鉄道特別委員会で、JR東海が「2014年」としていたリニア中央新幹線・東京―名古屋間(長さ286キロ)の着工時期について「JR東海は2014年度早期を目指している」と報告した。同席したJR東海の山田佳臣社長も「一日も早く着工したい」とした。

 特別委は冒頭以外非公開。複数の出席者が信濃毎日新聞の取材に対し、国交省やJR東海の説明内容について答えた。山田社長も会合後の取材に、可能な限り早期の着工を目指す考えを示したことを明らかにした。アセスなどの手続きが順調に進んでいることが背景にあるとみられる。

 JRは現地調査中の環境影響評価(アセスメント)について、今秋に評価結果案や具体的な駅位置や路線を記したアセス準備書を公表。住民説明会や都県知事などの意見聴取を経て、アセス評価書を確定させる。その後、国交省に工事実施計画を申請し、認可されると着工できる。

 東京―名古屋間のうち、山梨県内の42・8キロ区間は山梨リニア実験線として整備し、開業時から営業線として活用する。実験線は工事をほぼ終えており、9月から試験走行を再開する予定だ。

 同社は特別委で、13日に発表した長野など3県に設ける中間駅のイメージについても説明。出席者によると、切符売り場や待合室を設けない方針に関し「移動に不自由な人や情報機器に慣れない人への対応は営業制度、販売制度の検討の中で考えていく。従来の駅のイメージとは違うが、必要な設備は備え、利用者に不便はかけないようにする」と述べ、理解を求めた。

IP130523MAC000062000.jpg



リニア中央新幹線の飯田駅の場所についての発表は今秋になるそうだけれど、来年にも着工とはなんて早いんだ。
たぶん、用地取得の問題がなく、工事に時間のかかる(であろう)トンネル部分からの着工になるとは思うけれど、そんなに遠くないタイミングで地上部の工事も始まると思われる。

コンパクト化 リニア飯田駅;どんぶらこDESIGN

 だいたい、JR東海にしても国にしても、リニア中央新幹線については、「東京と名古屋(大阪)を結ぶ弾丸列車」として考えているだけで、ローカル線の旅が楽しめる中間駅の利用を端から考えている訳ではない。東海道新幹線で言うなれば、運行される列車のほとんどが「のぞみ」であり、秘境駅「飯田」に停まってくれる「こだま」は一日に2本運行されれば良いところで、そのほとんどが通過車両と考えておくべきだ。
 飯田市が考えているような『リニア飯田駅ができれば、東京から大勢の観光客が来て「おたふく豆」を買ってくれる』というバカな夢を描いているのは大間違いなのだ。(笑)

 そこで、飯田市はリニア中央新幹線の工事に先立ち、飯田駅の考え方を大きく方向転換し、策略的にリニアを活用いていくアイデアを考えてはどうだろうか。

 今、山陽新幹線の「姫路駅」が外国人観光客に人気なのだという。
 姫路駅は「のぞみ」が停車しない通過駅なのだが、それが返って人気になっているのだ。新幹線の撮影ポイントは安全上の問題もあって意外に少ない。ところが、この浜松駅ホームからは、通過する「のぞみ」の台車まで電柱やホームに遮られることなくしっかりと間近で見ることができる。通常の駅だと、ホームに停車してしまうために、台車などの列車下部はホームに隠れて見ることはできない。通過専用があるからこそ外国人に撮影ポイントとして人気になっているのだ。



 これこそが、飯田駅の目指す方向ではないかな?
 リニアの場合、ガイドがあってのぞみのようには行かないだろうけれど、その多くが地下だったり、明かり区間であっても「シェルター」に覆われてしまうリニア新幹線にあって、その車両を見られる場所はほとんどないと言って良い。

20130215-IMG_3771.jpg

 そこで、飯田駅は、「リニアの通過車両をホームから眺められる唯一の駅」として整備してはどうだろうか。
安全策をきちんと確保した上で、撮影場所を定め、そのアングルに邪魔にならないように設備を配置していく。
 さらに、天竜川を渡る橋梁部分でも一部シェルターなしの明かり区間を設けてはどうだろうか。
 喬木村の運動公園付近に展望台を改めて整備し、それらが見える撮影ポイントとしてデザインするのだ。
決して「浅間山をバックに桜の木を植えない」ということだ。(笑)

犯人は「桜」を切ったのか? しなの鉄道伐採事件

東京ー名古屋(大阪)間でもそうした撮影ポイントがないとすれば、あえてシェルターを外すというアイデアもあると思うのだ。(ごく一部でも)全ルートの中で唯一の撮影ポイント、しかも疾走している映像を撮影できるポイントとしてアピールして行くというのもアリなんだけどな・・・。

この英断はできるだけ早くすべきだと思う。
スカイツリーがそうであったように、こうした国家事業の工事の進捗状況を撮影したいという鉄道ファンも多いだろうから、飯田駅周辺の定点観測ができる場所(飯沼神社付近?)を本工事に先立ち整備して観光客を呼ぶというのはどうだろうか。
「おたふく豆」くらいは買ってくれるかもしれない。(笑)

aee37df507884d9c1af80478ad722bdd.jpg


徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて徹底詳解 リニア中央新幹線のすべて
(2012/10/30)
川島 令三

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud