中国人にマネできないこと

中国や韓国に追い越された感のある日本の技術や市場。
本当にそうなのだろうか。
確かに、シェアや売上はそうなのかもしれないが、私たち日本人の残された道筋は何なのだろうか。

<日本人が見た中国>中国の人たちにマネのできないことは何か?:Record中国

中国の人たちにマネのできないことは何か?
 これは私が中国で起業してから12年間、ずっと考え続けてきたことだ。そしてたどり着いたのは、「サービス精神」「生真面目さ」「完璧主義」「チームワーク」など、日本人なら誰でもが持っているはずの特長だった。
 こうした特性は、中国の人たちには簡単にマネができない。例えできたとしても、中国の人たちが「面倒臭くて、そんなことまでやってられるか!」と思うレベルまで高めればいい。日本人が中国市場で自らを差別化し、活躍する余地はまだまだ残されているのではないかと思う。



そんなことはいずれ真似され・・・と思うかも知れないが、そうでもないらしい。
以前岡田斗司夫のニコ生でこんなことを言っていた。

NHKのアニメ「ふしぎの海のナディア」を制作していた岡田斗司夫率いるガイナックス(当時)は、日本国の命令で(文化協力の一環として)アニメの作画を韓国のアニメ制作会社に依頼しなくてならないことになっていた。
しかし、そこで岡田が直面したのは韓国人の国民特性と言うべき職人の資質そのものだった。

ナディアを韓国に依頼する話

韓国と中国の違いはあるかもしれないが、裏を返せば、「それを当たり前として考える日本の技術者たちの特性」と捉えることも可能だ。
技術はいくらでも真似することは可能だろうが、こうした「職人気質」は真似できていない。
ましてや中国に於いては知的財産に対する保護も考え方もない国だ。

そこにこそ、日本の進むべき方向があるのではないだろうか。

****一般有権者の選挙活動が制限されている期間なので、あえて政治的な話には持って行きませんが****


習近平の断末魔の叫びが聞こえる 2013年後期の中国を予測する (WAC BUNKO)習近平の断末魔の叫びが聞こえる 2013年後期の中国を予測する (WAC BUNKO)
(2013/04/19)
宮崎 正弘、石 平 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

職人気質

確かにそういった面もあるでしょうけれど、私が言いたかったのは、岡田斗司夫の言っているような、技術者の「職人気質」の問題です。
社会全体が拝金主義に傾いて行って、技術者が簡単な仕事を優先するなら、いくら優秀な留学生や5術者がいたとしてもそれは機能していないということに他なりません。
日本の「気質」としての「サービス精神」「真面目さ」こそ生き残る道だと思うのですが。

何時か来た道

デリケートな問題ですね。
平均的な労働者のレベルで考えるか、若者で考えるか、先人の歩みで考えるかで、かなり評価が変わってきそうですね。

私は仕事柄、地方の産業振興のお手伝いをすることがあるのですが、今でもパクリ商品を平気で作っているところが沢山あります。
ええ、日本国内の話しです。
パクリ商品を海外で作らせているところも沢山・・・

その一方、優秀な留学生も何人も見ています。
「サービス精神」「生真面目さ」「完璧主義」「チームワーク」などが失われつつある日本の若者よりも、はるかにこれらの資質を備えています。
発想の豊かさ(独創性)も、優れた物があります。・・・くやしいけど
追いつかれることの心配よりも、我が国の劣化の方が心配です。

ただしね、ちょっと要領が良すぎるんだよ!
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud