リニア中央新幹線 ルート計画

JR東海から先頃公表された、リニア中央新幹線のルート計画をGoogleEarth上に追ってみた。



いかがかな?
途中で表示される施設のフォトモンタージュは、環境影響評価準備書の景観の項で公表されたもの。
さすがに全部は載せられませんでしたけれど・・・
是非、フルスクリーンでお楽しみください。
冒頭のリニアが動き出すシーン、良いでしょ?
写真切り抜いて作りました。(笑)

細かに見ていくと間違っている部分が気になる。
・9:16の「田島集落内」滝沢川橋梁の合成方向が逆だし・・・恥)
もとのMapはこちら。

より大きな地図で リニア中央新幹線(2013.09.18) を表示

蛇足ですが、このように、GoogleEarth上でルートをムービーに収める方法。

1.「Googleマップ」にログインして新しい「マイプレイス」に「地図を作成」でマップを作り、ラインやマーカー(目印)を落とし込みます。
2. 書き込んだマップの「KML」を吐き出します。
 「コメント」の横にある「KLM」の文字か、「GoogleEarthのアイコン」をクリックするとファイルがダウンロードされます。
66_20131004063836703.jpg
3. ダウンロードした「KLM」ファイルをGoogleEarthから読み込みます。
  「ファイル」メニューの「開く」からダウンロードした「KLM」ファイルを読み込みます。
  これでGoogleEarth上にマーカーが表示されるようになります。
4. 視点を移動するための「ツアー」フォルダを「追加」メニューから作ります。
5. 観たい場所の視点を決めたら「追加」メニューから「目印」をツアー内に追加して行きます。
6. ツアーを選択し、その下にある「ツアーを再生」をクリックすると、目印を順番で移動して行きます。
65_20131004081622d78.jpg
7. これをキャプチャアプリで録画して行きます。
  ツアーの詳細は「環境設定」の中で調整できます。


この「ツアー」は見ているだけでも気持ち良い動きを楽しめます。
描画が遅いと感じる場合は、建物の3Dなどのレイヤーを非表示にしてみてください。
GoogleEarthの描画速度は、ネット速度よりも、PCのグラフィックチップの描画能力によるところが大きいです。
「遅くてイライラする」と思ったら、グラフィックボードの交換を検討してみてください。

最近知人が「GoogleEarthのストリートビューすごいよね」って言っていたけれど、それってもしかして「Googleマップ」のストリートビューのことじゃないかな? 確かにGoogleマップにもGoogleEarthのプラグインがあるし、GoogleEarthにもストリートビューはあるのだけれど、私が言っているのは「GoogleEarth」というアプリのことなんだけれど・・・

22e565f713b8f571d7e5a971be4139ea.jpg

おら、長野県民じゃねぇ!
「長野市オリンピック」を「長野オリンピック」と言うなかれ。
「リニアを諏訪に迂回せよ」と言うなかれ。
「北陸新幹線」を「長野新幹線」と呼ぶなかれ。
「中央道長野線」を「長野道」と呼ぶなかれ。

JR東「長野経由」表記を発表 北陸新幹線 JR西は表記せず:信濃毎日新聞


危ないリニア新幹線危ないリニア新幹線
(2013/07/13)
リニア・市民ネット

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud