六子のりんご

上京することになり、お世話になった会社に手土産としてりんごでも持って行こうと思いついた。
さすがにりんごの箱詰めほど大きな手荷物は持って行けない。昔あったりんごの手提げ籠がちょうど良いのだが。
まさに映画「三丁目の夕日」で青森から上京した六子が手土産に持参したりんご籠。
当時は竹製だったけれど、その後緑色のプラスチック製になったのだけれど、最近はめっきり見なくなった。

IMG_6171.jpg

撰果場に行ってみた。
もうりんごの季節は終わりで、良いりんごは残っていないそうだ。
しかも、贈答用の箱詰めが主流で、手提げは「スーパー袋」に入れた規格外の「訳あり」しかないと言う。
もう「りんご籠」はないのか?

そう言われると無性に「りんご籠」がほしくなる。
いろんな直販所を覗いて見たが、やっぱりそんなものはない。
手提げの籠に入れられているのはりんごジュースだった。(小ぶりの籠だったし)

こんな時にはりんご農家の「くまちゃん農園」しかない。
今ではそんな「りんご籠」は販売しないのだそうな。
クルマでやって来るお客さんが多いので、手提げにする必要はなく、箱でOKなんだそうな。
それでもくまちゃんはにこやかに「なんとかしましょう」と答えてくれた。

IMG_6170.jpg

プラスチック製の籠は問屋に出向いて調達してくれた。
今あるりんご、ふじ、王林、秋映(あきばえ)、シナノスイート、シナノゴールド、北斗などを詰めてくれた。中でも「北斗」は幻の林檎」と言われるほど珍しく、美味しいりんごなのだ。
りんごの「食べ比べセット」としては、同じ種類の箱詰めよりもずっと楽しめるだろうし、田舎の名刺代わりとしてはこれ以上ない「手土産」だ。

いいよね。


南信州 まつかわ町産  山の上のりんごじゅうす(リンゴジュース)【ストレート&すりおろし】1,000ml×各1本<化学肥料・落下防止剤を使わず有機堆肥でじっくり育てた宮沢農園リンゴ使用>南信州 まつかわ町産  山の上のりんごじゅうす(リンゴジュース)【ストレート&すりおろし】1,000ml×各1本<化学肥料・落下防止剤を使わず有機堆肥でじっくり育てた宮沢農園リンゴ使用>
()
南信州 まつかわ町宮沢農園

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud