音で怪獣を描いた男 ~ゴジラVS伊福部昭~

Gojira_1954_Japanese_poster.jpg

1954年の第1作「ゴジラ」の誕生から今年で60年。
日本映画専門チャンネルでは毎月5のつく日にゴジラ映画を放送してきた。
その集大成が7月19日に迫った「55時間まるごと総力特集ゴジラ

7月19日(土)午後5時〜 ゴジラ30作品を55時間55分ぶちぬき放送!



と思ったら、NHKでもゴジラ特集を放送中。
ゴジラ生誕60周年関連番組


ゴジラ映画を放送するのは当然なのだが、他にも「名曲アルバム ゴジラ/伊福部昭」や、「渡辺謙 ゴジラを語る」など、関連番組が放送されている。
その中で興味深かったのはこちらの番組。

014_20140713165126a4d.jpg

音で怪獣を描いた男~ゴジラVS伊福部昭~:NHK ONLINE

1954年公開の怪獣映画「ゴジラ」。巨大怪獣とならぶ、映画のもうひとつの主役が、その音楽である。作曲したのは、今年生誕100年を迎える作曲家、伊福部昭。彼の音楽は、60年たった今でも続編に影響を与えているという。なぜ伊福部の音楽は愛され続けるのか?ゴジラ大好きの俳優、佐野史郎を案内役に、名曲完成までのプロセスや音楽的魅力を、豊富な証言と再現ドラマで解き明かす。



今年は伊福部昭の生誕100年なんだそうな。
伊福部神社の神楽や、アイヌ音楽との関連性を縦糸に伊福部昭の音楽を紐解いていく。
さらに、「伊福部マーチ」と西洋音楽の「マーチ」との相違点を解き明かしてくれる。
この辺りはWikipediaに詳しい。

【再放送】
7月27日(日)午後2時30分〜 BSプレミアム

お見逃しなく。

この番組の中で伊福部昭がゴジラの音楽を創造する場面が、再現ドラマとして見せてくれているのだが、その中で「怪獣映画の音楽なんて」という台詞があった。ちょっと待てよ。「怪獣」という言葉はそのゴジラが劇場で封切られて初めて定着する言葉だ。まだ世の中には「怪獣」という概念すら存在していないのだ。奥さんが「怪獣映画」などという話をするはずもないのだが・・・(笑)



伊福部家を訪ねた佐野史郎が、放送作家の伊福部崇の出迎えを受ける。
私、勘違いしていたのだが、NHKをはじめとするテレビ各局で使用されている緊急地震速報音(チャイム)を作曲したのは、の伊福部崇ではなく、甥の伊福部達なんだね。
「ゴジラが来たぞ〜♪」


伊福部昭: ゴジラの守護神・日本作曲界の巨匠 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)伊福部昭: ゴジラの守護神・日本作曲界の巨匠 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)
(2014/05/31)
片山 杜秀

商品詳細を見る



ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]
(2014/06/18)
宝田明、河内桃子 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud