iPadの表示が遅い時に・・・

20130307_80012.png

この業界でも仕事にiPadを使うことが多くなった。
膨大な資料を持ち歩くよりも、すべてiPadに収めて、必要な時に必要な資料だけを開いて提示する。
そんな時に便利なのが、DocuWorks Folderだ。

iPadやiPhoneに文書をPCから受け渡す:どんぶらこDESIGN
名称未設定

DocuWorks Folder for iOSは、iPhone、iPad、およびiPod touchで電子文書を持ち運ぶためのアプリケーションです。富士ゼロックスのドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」との間で、DocuWorks文書やその他のファイルをアップロード・ダウンロードできます。
端末にダウンロードしたDocuWorks文書は、簡易ビューワーを起動してワンタップで開くことができます。また、別アプリケーションのDocuWorks Viewer Light for iPhone/iPad 2.0以降(別途インストールが必要)と連携して、DocuWorks文書を開くこともできます。



DocuWorks Viewer Light

iOS 8上でバージョン3.2.1以前のViewer Lightをご利用の場合、DocuWorks文書の表示に時間がかかることがあります。その際は、iOS 8に対応した最新のViewer Light(バージョン3.2.2以降)にアップデートしてください。



名称未設定20

結論から言うと、(少々面倒くさいが)iPad上でフォルダ管理できるのが良い。
何百とある箇所ごとにフォルダを作り、その中にDocuWorksファイルを保存できるのが良い。

だがしかし、ここへ来てちょっと不具合に直面していた。
iPadでDocuWorksを開こうとすると、とてつもなく遅いのだ。
ひどい場合にはクリックしてから画面が表示されるまで3分近くかかることもある。
これでは相手の担当者の顔も曇ってしまう。

 当然ながらこうした仕事では、CADや解析ソフトからDocuWorks化する場合が多く、そのDocuWorks自体もベクターデータになっているのだ。例えるなら、IllustratorをPDFにすると、同様のベクターデータになっているのと同じなのだ。さらに、ArcGISなどの3Dデータだと、ものすごいレイヤーに分かれている。
そうしたこともあって、最強のグラボを搭載したPCだと気にならないのに、さすがにiPadだと厳しいようだ。

で、試してみたのがこれだ。

直換ImageXdw

本ソフトはDocuWorksの普通のドキュメントをイメージからなるXdwファイルに変換するソフトウェアです。
 元々DocuWorksでもこの機能はついていますが、設定がやや煩雑です。このソフトは解像度を設定しておくだけで簡単に変換可能です。

無題51
インストールは必要なく、開いたウィンドウにxdwファイルをドラッグ&ドロップするだけ。
WS000000 (3)
複数のファイルを一変に変換できる。
ファイルは上書きされず、同じフォルダ内にできた(1)がついた同名のxdwファイルがイメージ型式のxdwになります。
無題54
オリジナルよりも「軽くなる」訳ではなく、逆に大きくなるのですが、単純な画像なので、iPad上での描画速度は格段に高速になります。

「拡大表示できないじゃん」とお嘆きなきように。
必要な大きさまで拡大できるよう、解像度を選ぶことができます。

WS000000 (2)

よほどの地形図などでない限り、400dpiもあれば、充分拡大して確認することも可能です。

今までイライラしていたあの待ち時間は何だったのか。
重いベクターデータをDocuWorksでiPadを使って見せている方は、お試しあれ。


MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)MH0W2J/A ゴールド iPad Air 2 Wi-Fiモデル(16GB)
()
アップル

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud