AutoCADで土木座標値を表示する

無題01

AutoCADを土木設計で使っているのだが、ちょっと困るのは、AutoCADの座標系が一般的な数学座標系になっていて、土木(測量)座標系でない点だ。簡単に言ってしまうと、土木座標系は数学座標系とX,Yが逆になっている。
設計を行うだけなら気にすることもないのだが、その図面を施工屋さんに渡す段階で、設計の位置関係を座標で示さなくてはならないので、厄介だ。
基準点からの計り出しで計算しても良いのだけれど、一発で表示できたら便利ですね。

名称未設定 2

先ず、AutoCADの「ツール」メニューから「カスタマイズ」>「インターフェイス」を開きます。

WS000002_20150415152609285.jpg

中段の「新しいコマンドを作成」ボタンを押します。

WS000003_2015041515291848b.jpg

右側の「プロパティ」画面で、適当な名前をつけます。「座標値表示」等
上段の「ボタンイメージ」で適当なアイコンを選びます。(普段使っていない、表示していないボタンを選んでください)
オリジナルボタンを作りたい場合はこちら↓
コマンドのカスタム イメージを作成する
「マクロ」の欄に以下のマクロを入力します。

^C^C_id;\$M=;;_ucs;w;_leader;@;\;($M=$(rtos,$(index,1,$(getvar,lastpoint)),2,$(getvar,dimdec)),$(rtos,$(index,0,$(getvar,lastpoint)),2,$(getvar,dimdec)));;

↑右側が切れているので、”トリプルクリック”してコピーしてください。
「適用」を押した後、コマンド一覧から「座標値表示」のアイコンをツールバーにドラッグ&ドロップします。

WS000005_201504151539111b2.jpg

ボタンを押して、調べたい点をクリックし、引き出し線を引っ張ると、X、Yそれぞれの値が書き込まれます。

このマクロは、土木座標系になるように、XとYの値を逆に表示させるようになっていますので、通常の座標値と間違わないように注意してください。


もちろん、図面がきちんと座標に置かれていなければなりません。

・作図単位の1が1mとなるように、図面の拡縮を合わせます。
・図面に記された座標値を元に、X=0.0 Y=0.0のポイントを図示します。

WS000007_20150415155937c86.jpg

原点マークを選択し、原点の上にカーソルを乗せ「原点のみ移動」します。
名称未設定1 2

あらかじめ求めておいた原点に原点マークを移動させます。

WS000008_201504151604355d2.jpg

これで、クリックするだけで、土木座標値を図面上に示すことが可能になります。

表示の調整は、あらかじめ「寸法スタイル」として登録させておく必要があります。

WS000009_20150415164009006.jpg
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud