東京オリンピックのエンブレムが・・・

東京オリンピックの”エンブレム”が発表になった。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムを発表

olympic_emblem_large.png
paralympic_emblem_large.png

世界は、2020 年に東京で
ひとつの TEAM になる歓びを体験する。
すべての人がお互いを認め合うことで
ひとつになれることの
その大きな意味を知ることになる。

その和の力の象徴として、このエンブレムは生まれました。

すべての色が集まることで生まれる黒は、ダイバーシティを。
すべてを包む大きな円は、ひとつになったインクルーシブな世界を。
そしてその原動力となるひとりひとりの赤いハートの鼓動。

オリンピックとパラリンピックのエンブレムは、
同じ理念で構成されています。

オリンピックエンブレムは、
TOKYO、TEAM、TOMORROW の T をイメージし、
パラリンピックエンブレムは、
普遍的な平等の記号 = をイメージしたデザインとなっています。

2020 年はもうそこに来ています。
このエンブレムのもとに
ひとつになって
すばらしいオリンピック・パラリンピックを
つくりましょう。


合体すると・・・
olympic_emblem.jpg



いや、ちょっと、このデザインはないのじゃないの?
デザインの素人である私が言うのも何だが、「シンプル」にこだわりすぎて、今風ではないよ。
60年台のデザインだよ。
デザイナー佐野研二郎氏が悪い訳ではない。これを選んでしまった選考委員会の問題だ。
(佐野氏は、auのLISMO!やTBSテレビのBooBoなどを手がけている)
たぶん、64年の東京オリンピック、72年の札幌冬季オリンピックのデザインに引っ張られているのだろうな。
時代が違うよ。
そう考えると、長野冬季オリンピックのデザインのほうがまだましに見えるから不思議だ。
(個人的には、グレーの影がなければもっと良かったと思っているのだが)

olympic_logo.jpg

Teamの”T”やイコールの”="には見えなかったよ。
”L”かと思ったよ(^L^)
もしくは・・・UNOの流用かと・・・

80717-5719744Bk.jpg

”すべての色が集まることで生まれる黒は・・・”って、どうも頭での考えオチのデザインのような・・・orz

東京五輪エンブレムのパクリ疑惑を生み出したものとは? コンペ参加者にかけられた1964五輪と日の丸の呪縛!

 そして、この亀倉が手がけた1964年の東京五輪のエンブレムデザインも日の丸をモチーフにしているだけで、デザインそのものは、日の丸を幾何学模様のひとつととらえた、バウハウス的なモダンデザインそのものだった。
 つまり、今回のコンペ参加者も亀倉のデザインを引き継ぐという時点で、シンプルな幾何学的図形をモチーフにせざるをえなかったのである。当然、それは「どこにでもあるありふれたデザイン」「凡庸で保守的なデザイン」になってしまう。そして、起こったのがパクリ疑惑だった。



AS20150730000305_comm.jpg
CKrDGTJVEAE0SXZ.png
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud