Windows10 来る

img0.jpg

7月29日から開始された「Windows 10への無償アップグレード」、一般のユーザーにはなかなか配信通知が来ないのでイライラしている人も多いはず。
かくいう私もなかなか通知が来なかった。

WS000000_201508090934468a2.jpg

ところが、8月4日の夜、Windows Updateを開いて見ると、「Windows 10にアップグレード」が表示されているではないか。
「はじめに」なるボタンを押すと、ダウンロードが始まった。

それでは、アップグレードを開始します


WS000001_20150809093726c92.jpg

それでは・・・って何なのよ。
Mac OS Xのバージョンアップなんて、普通のことだから、いともあっさりしているというのにナ。
OSXYosemite13.png

無題01

WS000002_201508090940145bb.jpg

ダウンロードは2時間半くらいで終了して、インストールに移行できるようになっていた。
そこから先は放置してあったので、どれくらいで終わったのか不明だが、翌朝にはWindows 10になっていた。

Windows 8のような鬱陶しい スタート画面もなく、通常どおりのデスクトップが最初に開くのは喜ばしい。
Windows8 のユーザーは、それだけでアップグレードする意義があるというものだ。

今回はWindows7からのアップグレードだったので、入れてあったアプリはほとんどそのままの設定で引き継がれた。
Windows 8の異様なOSよりはずっと使いやすい。

OS自体はやっぱりいけていないOSだ。
Internet Explorerの後がまとして登場した「Edge」も相変わらずのジャギー文字だ。

無題01

MacTypeは使えるのだが、OSそのものの表示は醜いのだ。Windowsユーザーは気にならないのね。
これで4Kモニター対応・・・と言われてもね。(笑)

Microsoftは、日本語に対応したOSを作ろうとは全く考えていないようだ。
その証拠が、復活したと言われている「スタートメニュー」これがまたイタイ。

とりあえず、タイルメニューを非表示にして、細身のメニューにしてみたのだが、その「すべてのプログラム」の表示メニューが酷かった。
ABC・・・の次に、あいう・・・、さらにその下に「漢字・・・」 これで使えと言われても無理だよ。

WS000008_20150809103523d0a.jpg

「検索」の次が「新しいOfficeを始めよう」だよ。
なんだかな・・・

そこで再び「Classic Shell」を使うことに・・・
WS000009_20150809112010fb3.jpg

これで分かりづらかった「シャットダウン」のボタンも一発だ。

さらに、「神モード(GodMode)」を入れてみたら、コンパネも迷わず開くことができる。
新規フォルダを作って、名前を以下のようにするだけ。

GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}



無題00

それにしても、Microsoftは、細かなところにまったく気を遣わないのだね。
Mac OSだと、アップデートするたびに、細かな改善がちょこちょこ行われている。ほんの少しの改善で使いやすくなって行くのだが、Windowsのそれはずっと放置状態だ。
XPの頃から、ここもう少しこうならないかな?と思っている操作が、Windows10になってもそのまま引き継がれている。
これはアップグレードでもないんでもない。
見掛けの変化だけが行われ、そのたびに使いづらいOSになっていく。
それは「慣れ」の問題ではなく、一貫性のない操作仕様よるためのものだ。

Windows8から、「コントロールパネル」と、チャームの「設定」の2カ所による環境設定が、Windows10でも引き継がれている。悪いことに、そのチャームが廃止されてしまったので、もっとややこしいことになってしまった。
たとえば、スクリーンセーバーの設定を変更しようとすると、以前はデスクトップを右クリックして「個人設定」を開けば、すぐに「スクリーンセーバー」を設定できたのだが、Windows10だと、「個人設定」を開いてもスクリーンセーバーはない。「ロック画面」のタブを開いて、その一番下にある「スクリーンセーバー設定」をクリックすると、別ウィンドウが開く。
これはコンパネの「デスクトップのカスタマイズ」から辿っても同じモノが開くのだが、どうもそのUIのコンセプトが一貫していない。昔の設定画面をそのまま引きずっているだけなのだ。
同じウィンドウ内で設定ができないので、パーソナル設定画面の裏側で開いてしまうと、気がつかないこともある。
そのために、新たに「タスクビュー」が追加されたというのか?

無題00

Windows10のタスクビューがMac OS Xに似すぎも動作が軽く使いやすい!

でもさ、Macに以前からあった「仮想デスクトップ」に喜ぶユーザーも多いのだが、その切り替えはいかんともしがたいほど面倒くさい。これを使えっていうほうが無理だよ。
Macのスワイプひとつで切り替えられるのを知ってしまうと、デスクトップピクチャを仮想デスクトップごとに張り替えられないのは使わせる気持ちもないのだろう。

↓Macの仮想デスクトップ デスクトップピクチャも変えられて、スワイプで簡単に切り替えられる。

000_2015080913311283d.png

どうしてMicrosoftは、いつまでもこうしたOSを使い続けさせるのか?
意味がわからない。

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud