「建設物価」と「積算資料」

一般の人には馴染みのない書籍だが、業界の人には必需品の「建設物価」と「積算資料」
土木、建築などの建設業界で使用する資材などの単価を事細かに掲載している。
メーカーごとに異なる製品種別を地域ごとにとりまとめている。
工事金額を計算することを「積算」というのだが、その根拠となるのがこれらの書籍に掲載されている金額だ。

その両誌の1月号の表紙は、揃って「富士山と新東名」だった。

IMG_0168.jpg

「建設物価」のほうは「新清水インター」付近


「積算資料」は「鎧田沢橋」付近



積算資料の写真はプロが撮ったようで、きっちりとした写真だが、建設物価は携帯で撮影したようなピントの甘い、表紙に使うには芳しくないような写真だ。

年の初めに両誌、同じような場所と素材で明暗差が付いてしまった。

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud