Picasso Rescue

女房のプリウスが出先でバッテリー上がりと連絡が入った。
そんなの、トロトロと走れば充電されるんじゃないの?と思ったがそうでもないらしい。
当然ながら、ハイブリッドカーにも2つのバッテリーが積まれている。
「駆動用バッテリー」と「補機バッテリー」のふたつだ。
今回、バッテリーあがりを起こしたのは、ガソリンエンジン車に搭載されている通常のバッテリーに相当する「補機バッテリー」のほうだ。
ただし、ハイブリッド車専用品になるため、通常のバッテリーでは互換性がない。

TOYOTA系ハイブリッド乗用車専用 補機用バッテリー

ECO.R HV EHJ-S34B20R

これって、押しがけみたいに電気のチカラで走り出して、補機バッテリーに蓄電できないものなのだろうか?
確かに、キーを回してもシステムが起動しないので(Welcomeの表示が出ない)、走り始めることもできない。

じゃ、Picassoのバッテリーとケーブルでつないで、起動させるしかない。
Picassoのバッテリーは助手席のシートの下だ。(いつもエラー表示をリセットしているからお馴染み)

ところが、プリウスの補機バッテリーはどこなんだ?
ボンネットを開けてもそれらしいものは見つからない。
下手に手を突っ込むと感電死することもあるらしいので、うかつには触れない。

整備マニュアルを開くと、なんと、リアトランクの中だと言うではないか。
おかげでチャージ完了。

IMG_0518.jpg

この補機バッテリーの寿命は大丈夫なのだろうか??



関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud