リニア 飯田駅周辺整備

000_201609101016318dd.jpg
先日の地元紙から「リニア県内駅と整備対象区域」

このプランは、JR東海が以前から示していた駅周辺の整備計画の区域を改めて地元に下ろしたものだが、面積的は意外に狭い。
ローカル駅周辺はそれほど整備する必要がないということか。

01_20160910111526173.png

実際の地図上に落としてみると、こんなカンジ。
001_201609101109162e3.jpg

002_2016091011100856e.jpg

知人の自治会では半数以上の世帯が立ち退きエリアになるそうで、残った独居老人世帯だけでは、飯沼神社の御柱祭もままならないとのことだった。

JR東海の計画とは別に、長野県は中央道座光寺PAにスマートインターを設置して、そこからリニア飯田駅(リニア県内駅)とをつなぐ道路の計画を発表している。

004_201609101153143eb.jpg

座光寺SAと元善光寺周辺は高低差がかなりあるので、道路勾配を考えれば、土曽川沿いを降りてくるしかないだろうけれど、土曽川は土石流の指定を受けているので、この谷自体、災害時は危ないと思うけどね。

005_201609101153311e4.jpg

0023.png

でも、改めて航空写真を見てみると、当初のJR東海の計画案のように、美女の谷にトンネルを設けて、高森町と飯田市堺付近に「飯田駅」を設ける案なら、座光寺PAとの取付道路も、駅周辺の整備計画ももっと自由にできたのだろうにね。
牧野飯田市長が駄々をこねて、座光寺の市街地を通すことになって、本当に大変なことになってしまった。下市田工業団地の西側にリニア列車整備基地も容易にできたはずだったのにね。

増補 “悪夢の新幹線
樫田 秀樹
旬報社
売り上げランキング: 210,759

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

未来を描く

リニア駅周辺の立ち退き&動線確保がどんなに大切なのか、「現駅併設」を唱えていた人たちも今一度反省してほしいものです。

もっと大変なのは・・・

駄々こねのために、恒川遺跡群を無理矢理国指定の史跡に認めさせちゃったおかげで、元善光寺駅周辺の再開発はおろか、道路整備さえもままならなくなっちゃいました。

おそらくその辺りの事とも関係するのでしょうが、湯ヶ洞から国道に下る、南大島川沿いの道を利用する手段も断たれましたね。

国道の拡幅も出来ないので、座光寺の跨線橋前後が交通のボトルネックとなりそうです。


スマートインターにあわせて、現在ぶつ切りになっている、野底の山田体育館前の道と 冗談道路 上段道路も、計画放棄では無くてちゃんと完成させて貰いたいものですね。
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud