「横浜傾き不正マンション」の建て直しと、ヘアブラシ

Unknown_201609220557579f2.jpeg

横浜のマンション傾斜1棟を含む全4棟建て替えへ 管理組合で決議

横浜市都筑区のマンション傾斜問題で、住民らでつくる管理組合は19日、横浜市内で区分所有者の集会を開き、傾いている1棟を含む全4棟の建て替えを決議した。市や管理組合によると、建て替え工事は来年4月ごろ始まり、約3年半で完成する予定。2020年冬までの入居を目指す。



2015年10月に発覚した、いわゆる「横浜傾きマンション騒動」、ようやく全棟立て直しが決定したようだ。
全4棟で473本ある杭のうち、西棟の6本の杭が支持層に届いておらず、2本が支持層に届いていたものの深さが不十分でありこの8本を含んだ合計10本について、施工データが偽装されていた問題で、分譲主の三井不動産レジデンシャルは、全棟立て替えを決定したというニュースなのだが・・・・

これ、おかしいぞ、という人はいないのかな?

1019_03.jpg

くい打ちの不正については、下請の「旭化成建材」が行ったことで、ひとり悪役にされて切り捨てられてしまった。
確かに不正を行ったのは「旭化成建材」だったのだろうが、ちとおかしくないか?
不正の行われた西棟だけでなく、不正のなかった(とされている)中央棟、西棟、北棟もすべて壊して建て替える決定をしたのはなぜか?

三井不動産マンション不正杭データ・傾き問題 これまでの経過と建物概要 LaLa横浜

473本の杭のうち、6本が支持層に届いていなかっただけで、本当に56mもある建物が2.4cmも傾くことが起こりえるのか?

802369.jpg

建築物や土木構造物の支持杭は、ヘアブラシをイメージすると良いかもしれない。
ヘアブラシを伏せて置けば、櫛の歯は弱くてもたくさんの歯が台座を支えることができる。
これが支持杭の仕組みだ。
考えてみれば分かるが、ヘアブラシの歯が何本か欠けたとしても、台座が傾くことも、割れることも起こりえない。
どんなに重い大きなマンションであったとしてもだ。
支持杭の考え方は、確かに岩盤の支持層に届くことが正しいのだが、実はそれだけでなく、土中の摩擦によって基礎を支えているというのが仕組みだ。埋め立て地の支持杭が岩盤に届いていないでも、必要な土中摩擦が確保されていれば、大きな建物も構造物も建設できるというものだ。
マンションが傾いた理由は、もっと違うところに原因があったのではないのだろうか?
つまり、上屋自体の強度不足が原因で、ヘアブラシの台座が割れたのではないのか?

支持杭の不正を良いことに、すべてを下請の「旭化成建材」のせいに押しつけて、上屋をすべて取り壊して、証拠隠滅をやりたかったのではないだろうか。
杭の打ち増し(増設)で事足りたのだろうが、それだと今度はもっと大きな問題が発覚してしまう恐れがあったのではないのか?
すべてを消し去るために、全棟を壊してしまうしかなかったのだ。

「旭化成建材」に悪役を押しつけて、呑んでもらうためにいくら支払ったのか?
隠された真実こそ、危険な隠蔽があるのではないだろうか。



杭基礎の低騒音・低振動施工法と支持力 (現場技術者のための土と基礎シリーズ (11))
杭基礎の低騒音・低振動施工法と支持力編集委員会
土質工学会
売り上げランキング: 1,934,518

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

既に・・・

わざわざ場内あとの地下を通る、環状2号線が計画されていますからね。
2号って言う若い数字に注目です。

築地も?

消し去りたい

過去にも・・・

全てを消し去るために墜落させた・・・以下自粛
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud