資生堂のCMはなぜ批難を浴びたのか

こんなことを書くのはあまりに危険かもしれないが・・・
資生堂の「インテグレート」のCMが女性差別だと批難を浴びて放送自粛となってしまった。



「25歳からは女の子じゃない」 資生堂、「セクハラ」批判CMを中止:Yahoo!ニュース

 CMは2種類あり、どちらも商品のメインターゲットとなる「25歳の女性」をテーマにした内容。9月3日にウェブ公開された第1弾のCMには、小松さん演じる「ナナ」が25歳の誕生日を迎えたことについて、森さんと夏帆さんが演じる同性の友人が、

  「今日からあんたは女の子じゃない」
  「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
  「カワイイという武器はもはやこの手には、ない」

といった言葉を浴びせる場面がある。その後、こうした同性からの厳しい意見に触発された女性が、「なんか、燃えてきた...」と決意する様子が映し出される。

 こうした内容のCMに対し、ツイッターでは「広告で何の疑問もなく女性差別をするって何考えてるんだ」「えっなんでまだこの価値観???  今昭和??? 」といった批判が女性ネットユーザーを中心に相次いだ。


21.png

私自身、昭和のおじさんなので、このCMのどこがいけないのか、まったく理解できない。
こう考える人がいても良いし、これに反発を覚える人もいて良いと思うのだが・・・
なぜ、削除されなければいけないのかが、理解できない。
「言葉狩り」も良いところだ。

「25歳からは女の子じゃない」のCMのどこがダメなのか:茂木 健一郎

思うに、今回の「残念」は、コマーシャルを企画、制作する方々の中に、「女の子は24歳まで」などという、カンチガイの文化(それは、今や世界的に見れば絶滅危惧種のような、ローカルな奇習だと思うが)があって、それが世間ではどう見えるか、というメタ認知が働かなかったことだろう。


22_20161009102825385.png

人の目や扱いはともかくとして、「カワイイ」ファッションや化粧をいつまで続けて「女の子」でいるつもりなんだと。
もう「オトナの女」になるべき年齢だ、という応援メッセージのように思えるのだが・・・
このCMに反発しているコメントの多くが、CMを作った「オジサン目線」を批難の対象にしているようだが、このCMが博報堂の女性チームから企画されたコピーライトだったらどうだろうか?
「もっとイイ女になろう!」という同性からの提案には反発しないのではなかろうか?
「女なら良い、男ならセクハラ」ということだったら、それこそ性差別だ。

11_201610091116237a9.png

「いつまでもカワイイ女子でいたい」と願うのなら、それはそれで構わない。
「いつまでもカワイイ女子でイタイ」とならぬように、願うものである。

ジェーンスー女史の著書「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」はそんな女性に向けたメッセージだ。

理屈より気分を優先する女子メンタリティは、社会的弱者に宿るからこそ輝くもの。
社会経験とコズルイ知恵と小金を備えた女たちが「女子! 私たちはずっと女子」と騒ぎ出したら、暴動みたいなものです。部外者が違和感(ずうずうしさ)を感じ、「あんたら、女子っていう年じゃないでしょう! 」と文句のひとつも言いたくなるのも、無理はありません。



貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)
幻冬舎 (2016-04-12)
売り上げランキング: 871
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud