「森友学園」算数問題

便乗記事なので、それなりに読み取ってほしいのだけれど・・・

45_2017030109430555a.jpg

【問題】
(1) 面積が8,770m2の土地があります。この土地の60%の区域を深さ10m*まで掘削し、発生土の47.1%を30m×30mの区域*に仮置きした場合の盛土の高さを求めなさい。
ただし、土工に伴う土の変化率は加味しないとする。


*地下埋設物処理費用8億1,900万円算出根拠深(国交省大阪航空局)
*現状仮置き場推定寸法

【答】
60%の区域の掘削量
V=8,770×0.6×10.0×0.471
 =24,784 m3
これを30m×30mの土地に盛るのだから・・・
H=24,784÷30÷30
 =27.5 m 
(ただし、盛土斜面勾配を1割(45度)取ろうとすると、高さ15mで6,750m3がMaxとなってしまう)

ということで、「仮置」すると、垂直に盛ることができたとしても、高さ27.5mにもなってしまう。
TVの取材映像を見る限り、高いところでも5mくらいしかないように見えるのだが・・・

C5pFyIGVUAAb8DJ.jpg

算数ができない学園なんだろうか?

「地下に仮置」というのは、こういうことを言う↓
598369f6-s.jpg

森友学園(大阪市淀川区)と大阪・豊中の国有地 情報集約:よどきかく

なんちゃら学園問題に反応してみる:廃棄物管理の実務

C5bteFdUsAEnxC5-large.jpg

まぁ、説明は二転三転していてどれが正解か分からないのだが、仮に10mも掘らなかったとして、学園が言うように、深さ3.8mまで掘削を行ったとするならば、土地購入前の2015年末までには、深さ3.0mまで中道組が地中障害物撤去工事・土壌改良工事を実施しているのだから、学園の行なう産廃除去工事は、3.0〜3.8mの0.8m分の掘削土量となる。

単純計算で
V=8,770×0.6×0.8×0.471
 =1,983 m3
ということになる。
これを算出根拠にある4,000台のダンプカーで運搬しようとすると、1台当たり0.5m3以下。
約80cm四角の運搬土という計算だ。

面白すぎる・・・・
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud