スイブル (水陸両用ブルドーザーD155W)

090106-1.jpg

コマツ製の水陸両用ブルドーザー「D155W」 通称スイブル。
先日のNHK「驚き!ニッポンの底力「自動車王国物語2」で紹介されていた。

注目すべきは、このブルドーザーの能力というよりも、昭和46年に作られたこの重機を、東日本大震災の津波で橋脚基礎部が洗掘された宮城県 閖上(ゆりあげ)大橋橋梁復旧工事のために、コマツの技術者達が数千個という部品を一から作り直し、再び使用可能にしたという執念だ。
「名車再生」のエド・チャイナもビックリだね。(まぁ、本家メーカーなんだけれど・・・)



このスイブルの復活劇は、はたらくくるまの絵本にもなっている。

91QFuo-gYUL.jpg

のっぽのスイブル155 こもりまこと

「そうだ! ぼくは こんなところでも こうじが できるんだ!」
東日本大震災をきっかけに息をふきかえした
あるブルドーザーのものがたり

2011年3月11日の地震による大津波でこわされてしまった、日本の港や橋。建設機械の会社の人たちは「いまこそあいつの出番だ!」と思い、1台の水陸両用ブルドーザー「D155W」(スイブル)の修理を思いたちます。すでに活躍の場もへり、ボロボロになっていたスイブルでしたが、14か月にもおよぶ大修理をへて、2012年冬、ほぼ新品となってよみがえります。こうして忘れられていた1台のブルドーザーは、ふたたび海や川で活躍することとなったのです。


6bfbf20668.jpg

作者の小森誠氏は、雑紙POPEYEなどの表紙でもお馴染みのイラストレーターだ。多様な画風を駆使して、クルマの絵本なども数多く手がけられている。プロに対して失礼なのだが、ひと言で言って「上手い!」のである。他のはたらくくるまの「みちをつくる」でも卓越した画風が見る者を唸らせる。「絵」として情景が伝わって来るのだ。

【ぼくはスイブル!!】小森誠氏が描いた〝水陸両用ブル〟の絵本:日刊建設工業新聞ブログ

是非、子供達に買い与えてやってほしい一冊です。

車好きなパパと息子の……:M.H.Rのページ

のっぽのスイブル155
のっぽのスイブル155
posted with amazlet at 17.05.23
こもり まこと
偕成社
売り上げランキング: 4,023

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud