MacでWindows

01_20110923144356.jpg

MacでWindowsって、あぁ、VMware Fusionとか、Parallels Desktopとかいう「仮想PC」のアレでしょ?って、早とちりしてはいけません。
Macユーザーにとって、仮想化アプリを使うと、Mac内をWindowsの領域で少なからず占有されてしまいます。「メモリーもCPUだってWindowsのためなんかに使わせたくない!」という根っからのMacファンのあなたにオススメの方法は「Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac」です。
考えてもみてください。
WindowsソフトをMac上で使うために、仮想化ソフト、Windows OS、Windowsソフト、と新たに購入するくらいなら、安いWindowsマシンを買ったほうがはるかに安上がりなんですよ。
そこで、CPUもメモリーもすべてWindows機のものを使ってもらって、それをMac上から遠隔操作するほうがどんなに気持ちよく動かせることか!
しかも、Mac上でキャプチャも撮れてしまいます!

やり方は簡単です。
WindowsをMac上から遠隔操作する
Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac

先ず、「Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.1.1」をMacからダウンロードします。

001_20110923150241.jpg

そのままインストールします。

002_20110923150542.jpg

遠隔操作するWindowsをLANにつなげ、「リモートの設定」を開きます。
004_20110923152243.jpg
「リモートの設定」は以下の方法で開けます。
「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「システム」
または
デスクトップの「コンピュータ-」のプロパティ 
「リモート」タブが開いたら
リモートアシスタンス
このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する
リモートデスクトップ
リモートデスクトップを実行しているコンピューターからの接続を許可する
にチェックを入れて「OK」を押します。
005_20110923152736.jpg

下半分の「リモートデスクトップ」が表示されない場合は、お使いのWindowsのエディション(HomePremiumエディション等)ではリモートデスクトップができません。Windowsの「上位エディションへのアップグレード」を行ってください。
006_20110923153850.jpg

次に、Windows機のIPアドレスを調べておきます。
IPアドレスの調べ方は以下のとおりです。
「スタートメニュー」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「コマンドプロンプト」
007_20110923154452.jpg

「コマンドプロンプト」が開いたら「「ipconfig」と入力して、Enterを押す。
008_20110923154920.jpg

IPv4アドレスのところに、IPアドレスが表示される。
009_20110923155150.jpg

Macに戻って、アプリケーションフォルダの中に「Remote Desktop Connection」がありますからそれを起動します。
003_20110923151502.jpg

Windows機のIPアドレスを入力し、「接続」します。

0010.jpg

01_20110923144356.jpg

Mac同士の「画面共有」と違って、Windows機側はログイン画面に切り替わり、双方で画面を確認したり操作することはできません。
Ethernetケーブルを経由しているだけなので、通常のWindowsを操作するのと同じようなレスポンスで入力ができます。(ネット経由だと厳しいのでしょうけれど)

0013.jpg
「環境設定」でウィンドウの表示解像度や、フルスクリーン表示などの設定ができます。
「デスクトップの背景を表示する」にチェックを入れないと白いままです。
マルチモニターではサブモニター側でWindowsをフルスクリーン表示させることもできますし、SpaceでWindowsとMacを使い分けることも可能です。

0017.jpg

IMG_2359.jpg

0014.jpg

Windowsベースのコンピューターが見つからないため、接続できません。

この場合は、「コンピューター名」ではなく「IPアドレス」で接続を行ってください。

0015.jpg

Windowsベースのコンピューターに接続できません。

この場合は、コンピューターは見つかったものの、接続ができない状態です。Windows側の「リモートの設定」を見直すか、Windows側の(セキュリティソフトの)ファイヤーウォールの設定を見直して下さい。

このリモートデスクトップは、Mac側に負担をかけずにWindows操作ができるのが利点です。
ただし、あくまで”別のマシン”なので、当然ながらドラッグ&ドロップやコピー&ペーストはできません。(笑)
双方でフォルダの共有をして、そこに保存して受け渡しを行うなど工夫が必要です。

ASUS ノートPC K53U-SXE350 新品未使用品ASUS ノートPC K53U-SXE350 新品未使用品
()
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud