Lion再び2

 昨夜からMacの調子が悪くなっていた。
 Finderが落っこちてしまうのだ。普段は気にしないFinderだが、こいつが落っこちてしまうとMacとして使えなくなってしまう。先ず、上部のメニューバーが表示されなくなり、デスクトップピクチャのみでアイコンも何も消えてしまう。(Dockは表示されている)こうなると、システム終了することも、ファイルを開くこともできなくなってしまい、電源を落として「強制終了」せせることしかできなくなってしまう。DockのFinderをクリックして「開く」を選択しても何も動かない。「⌘ +Option +esc」の「アプリケーションの強制終了」を見てもFinderが動いていないのが分かる。再起動しても最初は良いのだが、すぐにFinderが落ちてしまう。

 PRAMクリア、Safeモードで起動、アクセス権の修復、TechToolPro6OnyX、など、いろいろやってみたが結局ダメ。仕方ないので最後の手段「Lionの再インストール」を行うことにした。
02_20111009090644.jpg

普通ならOSの再インストールとなると、腰が重いのだが、TimeMachineを使うようになって手軽に安心してできるようになった。(いざとなったら戻せば良いのだがら・・・)
しかも、Lionからは復元機能が完備されているのだった!

 MacをOptionキーを押しながら起動させると、起動ディスクが表示される。その中に「Recovery HD」というアイコンがある↓それを選択して起動する。(私のMacは外付けHDDがそれぞれ起動ディスクになっている)

01_20111009084708.jpg

ここでいくつかのメニューが選べるのだが、「TimeMachineから復旧」を選んでしまうと壊れているかもしれないFinderが「復旧」してしまうかも知れないので、思い切って「Lionのインストール」を選んだ。これでネットから「OS X 10.7 Lion」がダウンロードされ、上書きインストールされるのだ。「Lionのインストール」としか書かれていないので、今までの設定ファイルやデータは消えてしまわないか不安になるかも知れないが、きちんとOSのみが上書きされ問題はない。
 1時間20分ほどでDLは終了し、20分ほどでインストールは終了する。自動的に再起動すると、散らかったデスクトップやメールの下書きもそのまま復元されて来ていささか恥ずかしい・・・(笑)

Finderも問題なく動いてくれるようになっていた。
Illustratorの作りかけのデータもそのまま戻って来て作業の続きが行える。
以前のOSの再インストールとは比較にならないほど快適で調子良い。

もっと重傷になった場合は、USBメモリーなどに「Lion 復元ディスクアシスタント」を入れておけば、そこから起動させて修復&復元させることも可能だ。

Lion、良いのだけれど、Safari5.1の文字入力のバグはどうなった??



Mac Fan (マックファン) 2011年 11月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/09/29)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud