NHK 土曜ドラマスペシャル「とんび」

012_20120107172838.jpg

昭和37年。瀬戸内海に面した広島県備後市。
運送会社で働くヤスは、待望の長男アキラが誕生し、人生最高の喜びに浸っていた。
しかし、その幸せは、妻、美佐子の事故死という突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう。
ヤスは、残された自慢の息子アキラを、ゲンコツと涙で、不器用ながらもまっすぐに育てていく。
それは、幼くして父親に捨てられた哀しみと美佐子を亡くした後悔を乗り越えていく闘いでもあった。 
 「親は子を育て、子は親を育てる」
お互いを思いやる確かな絆―――。
2012年、新しき年の始まりに、日本人の原点をもう一度確かめる作品。
直木賞作家・重松清氏の、感動のシングルファーザー物語です。



私の育った時代に、親の世代は何を考え、何を感じていたのだろう。
希望に満ちた時代に、シングルファーザーの子育て。
今の時代だからこそ、見てみたいドラマだ。


とんび (角川文庫)とんび (角川文庫)
(2011/10/25)
重松 清

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud