踏切ちうい

IMG_2416.jpg

自宅近くにある踏切が今朝から警報器が鳴るようになってしまった。
これまではいわゆる「遮断機のない踏切」だったのだが、考えてもみてほしい。
道巾が狭く車両が通過できないような歩道で、しかも一日に数人しか通過しないような踏切に果たして警報器も遮断機も必要なのだろうか?
じゃぁ、踏切も要らない?
それは本末転倒というものだ。
この道は「古瀬の径」と呼ばれ、長光寺と妙泉寺、林廋院などの菩提寺を結ぶ古くからの要道だった。その証拠に旧い農家の屋号には「北古瀬」「西古瀬」などこの道に由来した呼び名がついています。
飯田線の前身、伊那電気鉄道が昭和2年に開通した時よりもずっと昔から人々が通ってきた古道なのです。それを一介の民営会社であるJR東海が遮断するとは何事ゾ!

今までは1時間に1本列車が通過するだけで良かったのだけれど、ずっと鳴り続ける警報器はうるさくてしょうがない。誰のための警報機なのか? > 無駄な工事を請け負う下請け会社のため?




究極超人あ~る [DVD]究極超人あ~る [DVD]
(2001/07/25)
ゆうきまさみ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud