ラウンドアバウト

IMG_2496.jpg

今朝の地方紙
「既設の信号外し「円形交差点」に 飯田で全国初の試み」|信濃毎日新聞

 飯田市は29日、中心市街地の東和町交差点を、信号機を使わない円形交差点「ラウンドアバウト」にすると正式に発表した。既設の信号機をなくしてラウンドアバウトを導入するのは全国初という。災害で停電してもスムーズな交通を確保できるのが特徴。同交差点はJR飯田駅からも近く、市は新たな市のシンボルとして整備していく考えだ。

 ラウンドアバウトは、交差点に向かう車両が左折して円形の「環道」に入り、時計回りに走った後、目的の方向へ抜けていく仕組み。小回りとなる環道では、車両はスピードを出しにくく、速度抑制と円滑な運行につながるという。

 記者会見した牧野光朗市長は、停電で信号機が機能しなくなった東日本大震災の事例も挙げながら「ラウンドアバウトは電力を使わずエコ(環境に優しい)。大震災の教訓を生かしたい」と語った。東和町交差点の地元の同意を踏まえて工事を進め、2012年度中の完成を目指す。

 同交差点はJR飯田駅の東約300メートルにあり、県道と市道が5方向から交わる。市は09年度から一帯の改良工事を進めており、当初は交差道路を4方向に減らして信号機で制御する方針だった。

 市と国際交通安全学会(東京)は10年、同交差点の東約300メートルにある吾妻町のロータリーでラウンドアバウトの社会実験を実施。円滑な交通を確保できることが分かったとし、東和町交差点に導入することにした。市内の他の交差点への設置も検討していくという。



IP120229TAN000095000.jpg

ちなみにこのイメージ図、私が描かせていただいたものだったりする。
すごく忙しい日程だったぞ。

IMG_2495.jpg


大きな地図で見る


ビーズコースター ラウンドアバウトビーズコースター ラウンドアバウト
()
マルハタアミー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

あらたなまちづくり

今いちばん問題なのは、これまで誰も「規模の縮小する都市計画」をやったことがないということです。
人口や交通が拡大していく需要に対して計画を行うことは慣れていますが、右肩下がりになる地域をどう捉えるのか。
建設以上にその管理や営繕をどうするのか。大切なのはそこなんですがね。

お久しぶりです

ちょいちょい、ここを覗いています。
どんぶらこさんのブログは、洒落ていて好きです。
何だか清々しく新鮮な空気に触れることが出来るようで、殆んど毎日覗かせてもらっています。
そして仕事方もご活躍の様で何よりです。

毎度勝手なお願いですが、どんぶらこさんのイメージ図を拝借させてください。

リニアは今は小康状態なようですが、本当に南信地区の起爆剤になってくれると嬉しいのですが。

でも今ぐらいの風景の方が良いのかも知れませんね。
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud