V-nasでTIFF背景が表示されない

CADを使っている人ならこんなトラブルに悩まされたことはないだろうか。
自分の使っているAutoCADで貼り付けたTIFF画像が相手のV-nasで開くと表示されない。

実はこの原因は、TIFF画像の保存形式にある。
通常、地形図などを大型スキャナで取り込んでTIFF形式で保存し、CADに貼り付けて利用する場合が多いのだけれど、その画像をトリミングしたり、つなぎ合わせたり、ゴミ取りをしたりして再びTIFF形式で保存することも良くある作業だ。その際、Photoshopなどで編集作業を行うと、V-nasなどでは扱えない画像になってしまうのだ。

つまり、V-nasで扱えるTIFF画像は「TIFF G4」(TIFF CCITT Group 4)でないといけない。しかし、Photoshopなどの一般的な画像編集ソフトではこのTIFF G4で保存ができないのだ。(一般的なTIFFのLZW等の圧縮形式ではV-nasでは扱えない)
高性能のPhotoshopであっても、扱えない画像形式もあるということだ。
しかし、汎用性の高いAutoCADではLZW圧縮されたTIFF画像でも開くことができるので、AutoCADで作業している段階では気づきにくいのだ。(同じ.tifの拡張子だし)相手に送った後で、先方からの怒りの返信で初めて気づくことになる。

では、Photoshopなどで編集した画像をTIFF G4形式に直すにはどうしたら良いのだろうか。
ひとつは、IrfanView (フリーソフト)を使って保存し直すこと。
irfanview.jpeg
これだと簡単にTIFF形式で上書き保存してやれば、TIFF G4形式に変換することが可能だ。
少し分かりにくいが、保存ウィンドウ右側の「CCITT FAX 4」を選択してやればTIFF G4形式のことだ。

無題01

さらに、Macユーザーでも、Acrobatを使えばTIFF G4形式に保存し直すことが可能だ。
Photoshopで編集した画像をTIFF(LZW圧縮)で保存し、それをAcrobatで開く。それをTIFF形式で保存し直すと、保存形式を訊いて来る。

20120315115929ad9.jpg

ここで白黒「CCITT Group 4」を選んでやればTIFF G4形式に変換できる。

20120315115946016.jpg

この「TIFF G4形式」は二階調で圧縮率も高く、CADのような操作では軽くて最適だ。透過性の操作や単色の色を変えることもできるので、CALSのSFX(P21)形式ではラスターデータは「TIFF G4 stripped 形式」と規定されています。

Photoshop、破れたり!


AutoCAD LT 2012AutoCAD LT 2012
(2011/04/30)
Windows

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud