相棒10 第19話 最終回スペシャル「罪と罰」

3_20120323142054.jpg

いよいよ相棒10も最終話、神戸君も相棒卒業となる。
相棒10の第1話で、神戸君の偽証によって自ら命を絶った城戸のことをずっと引きずる様子が見られたが、そのつながりで今夜の「クローン人間」の件となった訳だ。
ただし、最終回スペシャルということで、片山議員と元警視庁副総監の長谷川の暗躍という筋書きなのだが、果たしてこのふたりが出てくる必要はあったのだろうか?(笑)確かに文科省の管轄下にあるバイオテクノロジー研究所の研究員となるのだが、政治的な背景もあるわけではないし、「クローン人間の製造」は非道徳的な犯罪であるだけで、元総理補佐官までもが出てくる話ではないのじゃ?ま、最終回のお祭り騒ぎということで理解した上で、國村さん怖い役者になったね。踊る大捜査線『交渉人 真下正義』の時も良かったけれど、最近凄味が増してきた。

4_20120323143825.jpg

 ちなみに、長谷川が官房長になった訳ではありません。神戸君も長谷川と同じく「警察庁長官官房付き」になったということです。

4f69ecbe797be.jpg

 神戸君も最後に右京さんに逆らって犯人を連れ去ってしまう件、そのまま命を奪うのかと思ったよ。殺人犯に成り下がる刑事。殉職する刑事ドラマは多いけれど、殺人犯になるなんて画期的・・・。しかし、やっぱりたまきさんが犯人を保護するという筋書きでなくてはいけなかったんでしょうね。神戸君の部屋に月本幸子がいるのはしっくり来ないしね。亀ちゃんだったら美和子さんがそのポジションを引き受けたでしょうけれど、この相棒ふたり組にはまったく女っ気がなかったのね。そりゃ脚本も作りづらいわ・・・

でも、やっぱり、流産してしまうのね。ストーリー的にもそれ以上の重い物を背負わせることができないのでしょうね。してみると、神戸君の「守りたかったもの」って何だったのだろうと思ってしまう。さらに、それによって打ち砕かれたとされる右京さんの「大切なもの」も何だったのかという話になる。
右京さん自身の自己満足と言われても仕方ない「信念」と「正義」は誰を守るためのものだったのか?
それは問うてはいけない愚問なのかもしれない。

神戸君はそこに「愛想を尽かした」のかも。
してみると、神戸君はなぜ特命係に居続けたのか?亀ちゃんのように分かりやすい右京さんへの敬意が見えなかった分、神戸君の行動に謎は深まるばかり。

4f69ed2f9b43d.jpg

それにしても、右京(水谷豊)と尊(及川光博)のラストの気まずいツーショットは観ているほうも辛かったよ。仲違いした演者の深層心理を考えると笑顔も引きつるよ。花の里のたまきさんが突然店をたたむというアクシデントに端を発した「相棒10」・・・ドラマよりドラマチックだったなぁ・・・

果たして、「新しい相棒」は長谷川博己なのか、水嶋ヒロなのか?新シリーズが待たれる。

ちなみに、「相棒 花の里 閉店」 でGoogleるとここがトップに表示されます。(笑)


相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)
(2011/08/03)
水谷豊、及川光博 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud