リニア ボーリング

今朝の地元紙にリニアの竜西側のボーリング調査地点の記事が載っていた。

リニア環境アセスのボーリング JR東海が風越山東部で調査へ:信毎Web

 JR東海はリニア中央新幹線の環境影響評価(アセスメント)の一環として、飯田市上郷黒田の野底山森林公園でボーリングによる地質や地下水の調査を行う。7月5日には同公園での掘削作業を報道公開する。山田佳臣社長は28日の記者会見で「長野県は水源や地質についての関心が極めて高く、県からも(調査を公開するよう)要請があった」と話した。

 同公園は飯田市の水源である風越山の東部に位置する。同社広報部によると、ボーリングは地下100メートルほどまで垂直に掘って円柱状のサンプルを採取するほか、ボーリングの穴を活用して地下水の状況を調べる。調査は2カ月ほどかかるという。

 同公園は、リニアの概略路線(3キロ幅)内の北側。同社はこれまでに、下伊那郡豊丘村の概略路線内の南側の2カ所で垂直ボーリングを行う意向を村側に伝えている。

 このほかにも県内沿線でボーリング調査を実施するかどうかについて、同社広報部は明らかにしていない。長野県以外では同調査を報道公開する予定はないという。



もし、このボーリング位置がルート線上にあるとすれば、言われているように松川ダムの下流側を通るのではなく、上流側を通過することになる。
先に発表された竜東地区のボーリング地点(日向山の東側付近)とを結ぶと、かなりカーブしているのが分かる。
(図面が間に合わずごめん)

02_20120630092536.jpg

01_20120630092555.jpg


この↑図面で言うと、日向山のボーリング地点と座光寺 麻績神社を結んだ方向に野底山森林公園がある。
やはり、座光寺駅南側に新飯田駅ができるということか。
日向山ボーリング地点01の位置が不確定なので、若干の誤差は生じるだろうが、新飯田駅がこれ以上北側に動いて麻績神社や元善光寺にかかることもないだろうから、ほぼこのルートとなるのだろうか。

豊丘村地質調査から見えるリニアルート:どんぶらこDESIGN


大きな地図で見る


新幹線とリニア 半世紀の挑戦 世界に冠たる「安全神話」はどう構築されたか新幹線とリニア 半世紀の挑戦 世界に冠たる「安全神話」はどう構築されたか
(2012/01/18)
村串栄一

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud