Macでストリーミング配信を録音する

TBSラジオが、これまで提供していたポッドキャスティング・サービスを止め、新たに「TBSラジオCLOUD」というストリーミング配信サービスを始めた。

MV-pc.png

ストリーミング配信は、どこでも聞くことができて便利なのだが、iTunesなどにDLしてiPhoneなどで持ち歩くことができないので、ネットにつながっていない環境では不便な場合もある。

個人として楽しむ以外に、違法アップロードはやってはいけません。
icon_20160614110416293.jpg

Mac上で鳴る音声をすべて仮想オーディオデバイスへ出力するアプリ「Sound flower
その使い方は、こちら・・・

Mac上の音声を録音する Sound flower:どんぶらこDESIGN

この時のバージョンは「Soundflower-1.6.6b

最近、バージョンがあがり、ちょっと使い方が変わってしまったようだ。

「Ver1.6」だと、MacのツールバーにSoundflowerアイコンが表示され、そこからサウンドのコントロールができたのだが、今度の新しい「Ver.2.0」だとツールバーに表示されず、プラグインのように裏側に隠れてしまった。




1.先ず、ここからSoundflower-2.0b2.dmgをダウンロードして、インストールする。
面倒くさければ、上記から"Soundflower-1.6.6b"をインストールする。

2.ユーティリティの中にある「Audio MIDI設定」を開く。
415.jpg

3.左下の「」ボタンから「複数出力装置を作成」します。
65.png

4.作成した「複数出力装置」から「内蔵出力」に加えて「Soundflower(2ch)」にもチェックを入れます。
52_2016061411545344e.png

5.「システム環境設定」から「サウンド」を開きます。
56_20160614115734c28.png

6.「出力」タブから「複数出力装置」を選びます。
54_2016061411593370e.png

7.「入力」タブから「Soundflower(2ch)」を選択します。
53.png

8.録音アプリ(ここでは「QuickTime Prayer」を立ち上げて、録音を開始します。
71_2016061412060832d.png
42_20160614120721e21.png

録音が終わったら、サウンドの設定をもとに戻しておくことをお忘れなく。

TBSラジオクラウド
MV-pc.png



Safari:スワイプで戻ろうとするとフリーズ

MacのSafari 9.1.1で、Magic Mouseのスワイプ操作で戻ろうとするとフリーズする現象が起きた。
14_2016061105582875c.png
正確には、Safari自体は動いているのだが、戻ろうとするウィンドウだけが固まっている状態だ。
ページの左端には戻ろうとする前ページが「チラ」っと見えたところで固まっている。
何回かSafariを再起動してみたが、症状は改善しない。
ページに問題がある訳ではなく、どこのページを開いても同じ症状が発生した。
48_20160611060231024.jpg

調べて見ると・・・・

Safari 7.0.3 スワイプで戻る動作をするとタブが固まる:Appleコミュニティ

確かに、Magic Mouseの電池を交換した直後から発生したものの、電池は100%になっている。
そして、いつもの「PRAM クリア」を行ってみた。

[⌘]+[Option]+[P]+[R]



見事、復活いたしました。
初めての症状だったよ。

iMac、いよいよ具合が悪いのかな??

Word2016でF7のカタカナ変換ができない

Microsoft Office 2016 for Mac の Word 2016 で、カタカナ変換しようとして「F7」キーを押すと・・・

456.png

カタカナに変換されず「文章校正とスペルチェック」が開いてしまう。

005_2016061009440439e.png

これは不便だ。
この直し方・・・

Wordの「ツール」メニューから「ショートカット キーのユーザー設定」を開く。

001_20160610094544003.png

「ショートカット キーの割り当て」ウィンドウが開くので、コマンドの分類から「ツール」を選び、コマンドから「ToolsProofing」を選択する。
下側の、現在のキーから「F7」を選択して、「削除
最後に、「OK」を押して閉じる。

003_2016061009482217b.png

これで今までどおり、F7キーでカタカナ変換することが可能となる。

Microsoftは、発売前にWordを使ってみなかったのかな?(笑)

iMac 27inch 2015モデルのメモリー増設

先日のiMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)のメモリー増設手順を調べてみた。



実際にはメモリーは増設していないけれど、しごく簡単に増設できるのだと分かった。

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
PC3-14900
バッファなし
パリティなし
204 ピン
1867 MHz DDR3 SDRAM



18.png

iRam製 DDR3 SO-DIMM 1866MHz 8GB [204-1866-8192-IR] :秋葉館

BootCamp「新しいパーテションを作成できなかったか・・・」

A001_20160524174236ff2.jpg

知人のMacでWindows10を動かすためにBoot Campを使って見ることになった。
いつものように、Boot CampアシスタントからWindowsをインストールしようとすると・・・・

0012_201605241744352c1.jpg

Windows セットアップ
新しいパーテションを作成できなかったか、既にあるパーテションが見つかりませんでした。詳しくは、セットアップログファイルをご覧ください。


なんだこれ?
調べてみると意外な事実が・・・
iMacに外付けHDDなどが刺さっていると、このようなエラーが出るらしい。
確かに、iMacのセットアップにTimeMachineを使ったので、そのHDDがそのままになっていたのだった。
USBメモリーや、外付けHDDなど、すべて抜き取ってもいちどインストールをやり直したら、綺麗にインストールが完了した。



Boot Camp でWindows10をインストールする


今回は、Windows10のOSをUSBで購入してあるのだが、ここからISOファイルを作るよりも、DLしてしまったほうが簡単だ。
A4.png
Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード:Microsoft
W001.png
「64bit版 Windows10 ISOファイル」をダウンロードします。

ユーティリティ内の「Boot Campアシスタント」を起動します。
バージョンは「6.0.1」 ちょっと以前のとは異なるようです。
A1.png

ダウンロードしたISOイメージを選択し、Macintosh HDDにWindows用のパーテションを切ります。
今回はWindowsが動けば良い程度なので、125GBで切ることにしました。
A2.png
「インストール」を押すと、必要なサポートソフトをダウンロードして、インストールが始まります。
A3.png

すると、Windowsのセットアップ画面が表示されます。(日本語を選びます)

0001_20160524180806a60.jpg

「今すぐインストール」
0003_20160524181053d7d.jpg

インストーラーに記載されたプロダクトキーを入力します。

0004.jpg

「ライセンス条項」に同意します。

0005_20160524181619f61.jpg

下段の「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択

0006_201605241818161df.jpg

※ここから大切・・・

ドライブ 0 パーティション 5: BOOTCAMP」を選択して「フォーマット(F)」ボタンをクリック

0008.jpg

「フォーマットすると、中身が消えちゃうよ」と言ってきますが「OK」

0010_2016052418272456b.jpg

すると、「BOOTCAMP」の文字が消えますが、「ドライブ 0 パーティション 5」を選択して「次へ」

0011_20160524182625fd1.jpg

すると、Windowsのインストールが始まります。

0016_20160524182826f7f.jpg

0017_20160524183342d4c.jpg

再起動して、Windows独自の言い回し「すぐに始めることができます」と表示されるので
「とっとと、始めろよ!」をクリックします。

0021_201605241831008c4.jpg

Windows度記事の「PCのアカウント」等を設定する画面が表れます。
その後、「BootCamp」の使用許諾契約書」に同意し、インストールします。

0018_20160524183550ca3.jpg

0019_20160524183754a8b.jpg

これでWindowsを使うことができるようになりますが、このままだと、起動するたびにWindowsが立ち上がってしまうので、機動時に「Option」キーを押していると、起動ディスクが表示されます。

0020_201605241842188d7.jpg

001_2016052909002018a.png

これでMacintoshHDDを選べば、Mac OSが起動します。
一旦Macが起動したら、システム環境設定の「起動ディスク」から「Macintosh HDD」を選んでおきます。
これなら、通常電源を入れればMacOSが起動します。

Windowsを使いたい時だけOptionキーを押しながら電源ボタンを押せば、起動ディスクを選ぶことができます。

Windows10のUIは、Macと切り替えて使うとよけいにその酷さが露呈する。
残念だね。

TimeMachineが「準備中」から動かない

001_2016050114081874a.png

MacのTimeMachineが「バックアップを準備中」と表示したままうんともすんとも言わなくなってしまった。
これまでは問題なく動いていたのだけれど、GWにMacの大掃除をしようと、設定ファイルをごそっと棄てたら、なんとTimeMachineが動かなくなってしまったのだ。
TimeCapsuleの場所が分からなくなったのだろうと思い、ディスクを再指定してやると、なんと新たなアカウントでバックアップを取り始めてしまった。
こりゃいかん、と思って再び同じアカウントでバックアップをとらせようとしたのだが、ちっとも上手くいかない。

どうせ上手く行かないのなら・・・と諦めて、TimeCapsuleのディスクをきれいさっぱり「初期化」して、最初からバックアップを取り始めた。
が・・・これが上手く行かない。
「準備中」と表示したまますこしも先に進まなくなってしまったのだ。
数時間放置してみたが、なかなか前に進まない。
動いてはいるようなのだが、その速度が尋常じゃないほうど遅い。

こりゃおかしいな。と、調べてみると、セキュリティソフト「ESET Cyber Security Pro」がバックアップファイルをスキャンしているのがいけないようだ。
そこで、TimeMachineのバックアップファイルをスキャン対象から外すことにしてみた。

まず、ESETの「詳細設定」画面から「全般」を選択する
01_201605011425530d2.png

スキャナオプション」の「除外」の設定を開く
02_20160501142659c76.png

「ファイルシステム」から「追加」を開く
03_201605011428087c1.png

外付けHDDにバックアップを取っている場合は、マウントディスクを指定すれば良いのだけれど、TimeCapsuleのようなネットワークドライブだと「net」を選択する。
04_201605011429369ad.png

これでも遅い場合は、「リアルタイムファイルシステム保護を無効にする
045_20160501144444c1f.png

これで一晩放置して置いたら、なんとかバックアップを取り終えてくれた。
やれやれ。

Mailのゴミ箱に作成中のメールがどっさり

MacのMailでメールを入力していると、なぜだかMailのゴミ箱にメールが増えて行く。
014.png
Mail.appのゴミ箱の中には、今作成している私のメールが時間差で保存され続けているのだ。
作成途中で他の作業をしていると、とんでもないことになってしまうのだ。

調べて見ると、Gmailのサーバー設定をPOPではなく、IMAPにしていると、このようなことが起こるらしい。
確かに、メールの送信をGmail、それもIMAPサーバーで送ろうとした時だけこのような「ゴミ箱現象」が起こる。

そこで、Mail.appの環境設定から「アカウント」タブからGmail(IMAP)の「メールボックスの特性」を開き、「下書き」の「下書きメッセージをサーバに保存」のチェックを外す。
012_20160326163048664.jpg

これで作成途中のメールがゴミ箱に増殖していくトラブルを回避することができる。

なんでだ?

断捨離

01_2016022908144231c.jpg

年度末になると、デスクトップはご覧のとおりゴミ屋敷状態に・・・(笑)
参考にする写真をネット上で探してはポイポイデスクトップ上に放り出すので、こんなことになっている。

「見つけ出せないのじゃ、参考にならないのじゃ?」

安心してください。
Macなら画像データだけでなく、PhotoshopでもPDFでも簡単にビュワーしながらスクロールすることができる。

03_20160229091125b25.jpg

MagicMouseの横向きスクロールが、Windowsのようにカクカクしたものではなく、非常になめらかにスクロールすることができるのも、思考を妨げず、気持ち良い。

Windowsを使っていると、本当にイライラさせられる。
酷いOSだ。

ESET、接続できません

img_index_main_01.jpg
001_2015111313412065d.png

MacとWindows、まとめてポン!の「ESET ファミリー セキュリティ」なのだが、古いMacBookで調子悪い状況が起こった。

ESET Cyber Security Pro
/tmp/eset.stockに接続できません:接続が拒否されました



まぁ、ネットが混んでたり、調子が悪いこともあるだろうな・・・くらいに考えているものだが、そんな訳にもいかなかった。
このエラーメッセージ、最前面に表示され、あらゆる作業を邪魔するのだ。
「閉じる」を押して、メッセージを消しても、10秒後には必ず出てくる。
しかも、「閉じる」を押すと、レインボーサークルが回り始め、あらゆる操作ができない状況になる。
ESETを停めようかと思ってメニューバーに触れても、レインボーサークル回りっぱなし。
ESETのメニューは一瞬だけ現れるが、すべてグレーアウト。
触ることも終了することもできない。

仕方ないので、アプリケーションホルダを開き、「ESET Cyber Security Pro」をゴミ箱へポイ。
そこで強制的にMacを再起動する。
すると、メニューバーからESETが消える。

サポートセンターへ問い合わせをしてみると・・・

img_index_feature_01.png

1)ESET Cyber Security Proのプログラムをダウンロードする。
◆ESET Cyber Security Proのダウンロード◆

↑いろいろ並んでいて分かりづらいが、「ESET Cyber Security Pro」の項目から、[ESET パーソナル / ファミリー セキュリティをご利用の方( 99,772,189 バイト) ]を選択。

これで、ESET Cyber Security Proをアンインストールする。

002_20151113170134928.png

003_20151113170257a38.png

アンインストールが終わったら、「再起動」

2.今度は、ESET Cyber Security Pro V5.0のインストールを行なう。
 つまり、最新のv6.0をアンインストールして、1つ前のv5.0を入れ直すというのだ。

◆ESET Cyber Security Proのダウンロード◆

ESET Cyber Security Pro V5.0の項目から、ESET パーソナル / ファミリーセキュリティをご利用の方( 94,008,993 バイト)]を選択してダウンロード。

で、インストール。

004_201511131707212dc.png

これ、商品名「ESET Cyber Security Pro」と、パッケージ名「ESET パーソナル / ファミリーセキュリティ」が異なるために、分かりづらいったらありゃしない。

ま、そういうわけで、古いMacBookには、古いESET Cyber Security Pro v5.0を使うことに。
ライセンスの認証も無事終了し、MacBookにも平穏な日々が戻って来た。

Intuos Pro

IMG_0062.jpg

仕事に使うのに、ずっと古いワコムのペンタブレットを使っていた。
最近、久しぶりに使おうとしたら、なんと、ドライバーが新しいOSXに対応しておらず、使えるには使えるのだが、とにかく設定ができず、使いにくいったらありゃしない状態になっていた。

「こりゃまずな」

仕事に使う物だし、新しい物を・・とヤフオクを見たのだが、やっぱり高い。
使う人はやっぱりプロユーザーなのか、古い型番しか出てこない。

結局、通販サイトで買ったほうが(送料分)安いということに。

で、Intros Pro を購入することにした。

液晶タイプのものもあるのだが、私の場合、マルチモニターで参考画像などを見ながら書くことが多いので、液晶画面に描く必要はないということで通常のペンタブレットにした。
無線タイプなのだが、常に使う物でもないので、いざ使おうとしてバッテリーが切れている状態がいやなので、面倒でもUSB接続で使うことにした。

だが、このUSBコードが固いのがすごくいやなのだが・・・
プロフィール

どんぶらこ

Author:どんぶらこ
南信州からどんぶらこ!
どんぶらこ HPへお立ち寄りください

来店者数
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
どんぶらこへのMail

名前:
メール:
件名:
本文:

記事検索
リンク
amazon
amazon
ProductCloud